ジョーズ3

じょーずすりー Jaws 3-D
上映日
1984年3月17日

製作国
アメリカ

上映時間
100分

ジャンル
サスペンス・ミステリー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

フロリダの海辺のレジャー施設海底王国に人喰いザメ・ジョーズが出現するという、「ジョーズ」シリーズ第3弾。ユニヴァーサルとMCAが開発した新しい立体映画方式アリビジョン3Dが使ゎれている。製作はルパート・ヒッツィグ。エグゼクティヴ.プロデューサーはアラン・ランズバーグとハワード・リップストーン、監督は「JAWS・ジョーズ」の特殊効果を担当したジョー・アルヴスで、これが監督第1作。ピーター・ベンチリーの原作を基にガードン・トュルーブラッドがストーリー化し、リチャード・マシスンとカール・ゴットリーブが脚色を担当。撮影はジェームズ・A・コントナー、テーマ音楽はジョン・ウィリアムス(2)、音楽はアラン・パーカー、製作デザインはウッズ・マッキントッシュが手掛けている。出演はデニス・クエイド、ベス・アームストロング、サイモン・マッコーキンデール、ルイス・ゴセット・ジュニアなど。

みんなのレビュー

「ジョーズ3」のストーリー

特殊ガラス製のトンネルを海底に張りめぐらし、観客が自由に海底を見て回れる新しいレジャー施設海底王国がフロリダに完成した。ブロディ警察署長の息子マイク(デニス・クエイド)はチーフ・エンジニアとして、恋人で海洋生物学者のキャスリン(ベス・アームストロング)と共に、そこで働いていた。開園前日には、海洋映画作家フィリップ(サイモン・マッコーキンデール)をはじめとする来賓や、マイクの弟ショーンらが、次々と訪問してくる。そんな時、カルヴィン所長(ルイス・ゴセット・ジュニア)のもとに、王国と海底を区切るゲートが壊れているという連絡が入ったため、彼はスタッフの1人を修理に向かわせた。いよいよ王国がオープンした。トンネル内は大勢の観客で賑わっていたが、突然、彼らの眼前の海中に無残な人間の死体が現れる。それは、前日、修理に向かったスタッフだった。遺体を検死したマイクは、人喰いザメの仕業であると確信、所長の命令のもとサメの捜索が始まる。フィリップの協力により、サメは生け捕りとなった。キャスリンは学者の立場からサメの人工飼育を申し出る。彼女のプランは認められ、順調に飼育は進んだかに見えたが、所長が強引にショーに出演させたため、体力を回復していなかったサメは死んでしまう。スタッフの遺体の傷からすると死んだサメは小さすぎると思っていたマイクの不安は的中した。死んだサメの親がトンネルめがけて突進してきたのだ。それは、いまだかつて見たこともないほど巨大なホワイト・シャークだった。サメの一撃によりトンネルはたちまち浸水しだし、所長はトンネルの閉鎖を命令する。しかし、トンネル内には多くの観客が閉じ込められてしまった。マイクとキャスリンたちは観客を救うためトンネルの修理に、フィリップたちはサメの捕獲にと、それぞれ向かう。作戦どおり、水路にサメを誘い込んだものの、命綱が切れたためフィリップはサメの餌食になってしまった。一段と狂暴になったサメは水路の柵を壊し、修理中のマイクらを襲う。間一髪サメの攻撃から逃れ司令室に避難したマイクとキャスリンめがけて、サメはなおも襲いかかってきた。所長や職員らを先に脱出させたマイクとキャスリンは、決死の覚悟で、狂ったように暴れるサメの口の中に強力な破壊力をもつ手榴弾を投げ込む。さすがのサメも、瞬時にして跡形もなく海のもくずと化した。

「ジョーズ3」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ジョーズ3」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1984年3月17日
上映時間 100分
製作会社 アラン・ランズバーグ・プロ作品
配給 ユニヴァーサル=CIC
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビー

「ジョーズ3」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。