銃弾の挑戦

じゅうだんのちょうせん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「巨盗団全滅」「夕陽の総攻撃」のティム・マッコイが主演する映画で、ホレース・マッコイの書卸し、「ダイナマイト(1937)」のフィリップ・E・ローゼンの監督によるもの。助演者は「ピストルと音楽」のシャーリー・グレイを始め、ヘンリー・ワズワース、オスカー・アッフェル、ウィーラー・オークマン等。

「銃弾の挑戦」のストーリー

新聞記者ティム・コリンズは暗黒街の親分セラノの遭難事件の担当を命ぜられた。警察は現場に居合わせたエディスに疑惑の眼を向けているが、ティムはこの説を採らず、必ず二人の間に何者かが介在すると確信して調査を進めた。彼は犯人らしい者に頭を殴られた上記者証まで奪われたので、面目にかけても吾が手で犯人を逮捕せんとする。彼は保釈局とギャングの間に醜関係があると睨み、故意に泥酔運転をして一ヵ年の懲役を宣告され刑務所に入った。所内で彼はセラノ、アボット、それにエディスの兄フランキー一派をめぐる保釈局の悪業を探り、一ヵ月で釈放出獄した彼はエディスの家を尋ねる。フランキーは保釈を受けるためにセラノの手下アボットに週五十ドルを支払っていたが、余りの負担に堪えかねてセラノを撃ったのである。ティムはアボットを告発しようとフランキーを励まし、彼の悪業を調べた口供書に署名させた。アボットはティムの家を襲って口供書を奪取し、セラノ一味はフランキーを暗殺しようとする。ティムはフランキーを危難より脱せしめ、直ちにオートバイ警官隊の出動を求めセラノの自動車を追跡し、車もろとも彼を粉砕した。保釈局の悪業はティムの特種となって華々しく新聞に発表され、彼はエディスと楽しい新婚生活に入った。

「銃弾の挑戦」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「銃弾の挑戦」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア支社
レイティング

「銃弾の挑戦」のみんなのレビュー

「銃弾の挑戦」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません