死んでもいい(1962)

しんでもいい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

義理の息子に恋慕の炎を燃やす王妃パイドラのギリシャ神話伝説は約2400年昔詩人エウリピデスの「ヒッポリュトス」によって知られるが、ローマの詩人セネカも同じテーマで「パエドラ」を書き17世紀にはジャン・ラシーヌが韻文劇「フェードル」を書いている。その同じ悲劇を現代の恋愛劇としたマルガリタ・リベラキのオリジナル・シナリオを彼女自身と「日曜はダメよ」のジュールスス・ダッシンが脚色、ダッシンが製作・監督したもの。撮影は彼とコンビで「恋人たちの森」のジャック・ナットー、音楽はギリシャのミキス・テオドラキス。出演者は「日曜はダメよ」のメリナ・メルクーリ、「さよならをもう一度」のアンソニー・パーキンス、「エル・シド」のラフ・ヴァローネ、オリンピア・パパドーカ、新人のエリザベス・エルシーなど。

「死んでもいい(1962)」のストーリー

ギリシャ海運王の娘フェードラ(メリナ・メルクーリ)は、同じ船舶業者で竦腕のタノス(ラフ・ヴァローネ)と結婚し、5歳になる男の子をもうけていた。フェードラを熱愛するタノスには、先妻との間に息子アレキシスがあった。ロンドンで経済学を勉強しているはずのアレキシスが絵筆に親しんでいるというので、フェードラが迎えに行くことになった。ロンドンの博物館でアレキシスと対面したフェードラは、ハンサムでナイーヴな、この10歳も年下の息子に一目で恋してしまい、アレキシスもまた、傲慢なまでに個性的な美しさを持つ義母に、深く魅せられるのだった。パリに飛んだその夜、憑かれたように愛の告白を口走ってしまうフェードラに、アレキシスも答えて恍惚の一夜を過ごした2人は、なおもすべてを忘れて数日を過ごした。が、所詮かなわぬ恋、アレキシスはロンドンへ、フェードラはヒドラ島の邸へ戻らねばならなかった。迎えがたいアレキシスへの恋慕と罪の意識におののくフェードラの心も知らず、タノスはアレキシスを呼び奇せた。そして、後継者として信頼を傾けるタノスは、義兄の娘エルシー(エリザベス・エルシー)とアレキシスを結びつけ両家の経済的結合をはかろうとした。若い2人の姿を見てフェードラは嫉妬に燃え上がった。父を訪ねて阻止を懇願したがそれもならなかった。絶望と怒りのフェードラは、遂にアレキシスを愛している、とタノスに告げて去った。タノスの驚きはやがて、激しい怒りに変わり、アレキシスを力の限り殴打した。すべてが終わったことを知ったフェードラは睡眠薬をあおるとベッドに横たわった。その頃、疾走するアレキシスのスポーツカーは、ハンドルを切り損ねて断崖を転がり落ちていった。宿命の恋につながれた2人の魂が昇天したのは、多分同じ時だったにちがいない。

「死んでもいい(1962)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「死んでもいい(1962)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1962
製作会社 メリナ・フィルム映画
配給 ユナイテッド・アーチスツ
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「死んでもいい(1962)」のみんなのレビュー

「死んでもいい(1962)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/14

ピーター・カパルディ(1958)

パディントン

世界40ヶ国語以上に翻訳される英作家マイケル・ボンドのロングセラー児童小説シリーズ、初の実写映画化。南米ペルーの奥地からイギリスのロンドンへやってきた紳士的なくまのパディントンの冒険をCGIやアニマトロニクスを用い描く。監督はコメディドラマ『マイティ・ブーシュ』を手がけたポール・キング。脚本には「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」のハーミッシュ・マッコールも参加している。パディントンの声を「007 スカイフォール」のベン・ウィショーが担当。ほか、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンがパディントンを狙う謎の女を演じる。

赤ずきんの森(2006)

暗く広大な森で少女が体験した怪奇と幻想を描くメルヘンスリラー。16歳で出産し、周囲の大人たちに子供を取り上げられてしまったケリーは、友人と出掛けた森で大木に抱かれる赤ちゃんを見つけ出す。“マクザム バリュー・コレクション 第三弾”。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:クレイグ・スタラチェン 製作:ロス・ボーランド 編集:コリン・モニー スペシャルエフェクツ:ボブ・キーン 出演:マーティン・コンプストン/ピーター・カパルディ/サマンサ・シールズ/ケヴィン・クイン
ジーナ・マッキー(1961)

ファントム・スレッド

「リンカーン」などで3度のアカデミー賞主演男優賞に輝いたダニエル・デイ・=ルイス主演のラブストーリー。1950年代のロンドン。ファッションの中心的存在として脚光を浴びるオートクチュールの仕立屋レイノルズは、若いウェイトレス、アルマと出会う。監督・脚本は、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン。出演は、「マルクス・エンゲルス」のヴィッキー・クリープス、「ターナー、光に愛を求めて」のレスリー・マンヴィル。音楽は、「インヒアレント・ヴァイス」のジョニー・グリーンウッド。第75回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート。第90回アカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞。

ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して

「クリスマス・ストーリー」のアルノー・デプレシャンが、実話を基にアメリカで撮影したヒューマンドラマ。心に傷を負ったネイティブアメリカンとフランス人精神分析医の親交が導く静かな奇跡を描く。出演は「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」のベニチオ・デル・トロ、「さすらいの女神(ディーバ)たち」のマチュー・アマルリック、「ひかりのまち」のジーナ・マッキー。

NEW今日命日の映画人 4/14

該当する人物がいません


「死んでもいい(1962)」を観ているあなたにおすすめの映画