新天地

しんてんち
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「セイルムの娘」に次いでフランク・ロイドが製作・監督した大作である。ステュアート・N・レイクが書き下ろしたストーリーをサイレント時代の有能脚色者の一人たるポール・ショーフィールドが「西部の旋風」のジェラルド・ジェラティおよび劇作家のフレデリック・ジャクスンと協力脚色した。主演者は「この三人」「膝にバンジョウ」のジョエル・マクリー、「山は笑う」「ワイキキの結婚」のボブ・バーンズおよび「海の魂」「若草物語(1933)」のフランセス・ディーで、「テキサス決死隊(1936)」「報道戦」のロイド・ノーラン、「科学者の道」のヘンリー・オニール、「平原児」のポーター・ホール、「薔薇はなぜ紅い」のロバート・カミングス、「深夜の星」のラルフ・モーガン、「街は春風」のメアリー・ナッシュ、「罪じゃないわよ」のジョン・マック・ブラウン等が助演している。キャメラは「たくましき男」「青春ホテル」のテオドル・スパークールが、音楽はビクター・ヤングが、それぞれ担当した。

みんなのレビュー

「新天地」のレビューを書く

「新天地」のストーリー

1840年には米大陸を東から西へ横断する鉄道は、ニューヨーク州バタビアまでしかできていなかった。通運会社ウェルス・ファーゴ商会の経営者ヘンリイ・ウェルスは大陸横断の交通路を開拓する野心を持っていた。腹心の部下ラムゼイ・マッケイの献身的努力によって、彼の野心は着々と実行された。仕事に身を捧げたラムゼイは、生れながらの広野の放浪者ハンク・ヨークの友情と、可憐なジャスティン・プライアの愛に心を慰められていた。彼女は南部の豪商の娘に生まれラムゼイを深く愛していたが、母親プライア夫人は家柄のない彼との結婚を喜ばなかった。しかしラムゼイがハンクと一緒にウェルズの命を受けてカリフォルニア州開拓に赴いた時、ジャスティンは単身サンフランセスコにラムゼイを訪ねて二人は結婚した。金鉱採掘の景気に乗ってウェルズ・ファーゴ商会の業績はますます上がり、米大陸横断の交通路もラムゼイの努力によってようやく完成した。1861年、南北戦争が始まるとラムゼイはリンカーンの命を受けて北軍のために金の輸送につとめた。その頃プライア夫人はサンフランセスコにジャスティンを訪れていたが、婿が北軍のために働くのを喜ばず、ジャスティンに手紙を書かせて、金の輸送路を南軍に知らせようとした。しかしジャスティンは夫を裏切るに忍びず、その手紙を捨てたが、夫人はそれを拾ってかつてジャスティンに求婚した南軍の将校タルボット・カーターに送った。タルボットはラムゼイ一行を襲って激戦の末戦死した。彼の懐中からジャスティンの手紙を発見したラムゼイは、妻と別れる決心をした。彼女は母親に伴われ、娘アリスを連れてセントルイスに帰り、まもなく男の子が生まれた。やがて南北戦争が終わりプライア夫人はこの世を去り、ラムゼイはウェルズ・ファーゴの副社長になった。彼の表彰式がセントルイスで行なわれるのでそれに出席したラムゼイは、娘アリスにせがまれて彼女の誕生祝いに出ていった。そして彼は何年ぶりかでジャスティンに再会した。会ってみれば別れられぬ二人であり、手紙は母親の出したこともわかって、マッケイ一家には再び幸福な月日が訪れた。

「新天地」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「新天地」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1937
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「新天地」のみんなのレビュー

「新天地」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません