新13階段への道

しんじゅうさんかいだんへのみち
上映日
1968年7月27日

製作国
アメリカ

ジャンル
社会派

ここが見どころ

ヒットラー率いるナチス・ドイツの残虐行為をおさめたフィルムをアメリカ、ドイツ、フランス、スウェーデンなどから集めラルフ・ポーターが脚本・監督しジョセフ・ブレンナーが製作した、セミ・ドキュメンタリー。日本語版解説は、川部修詩が行っている。

「新13階段への道」のストーリー

○1929年~33年、世界は未曽有の経済恐慌にみまわれた。そうした中で、ヒットラーのナチスは頭をもたげ、急速に躍進、32年にはパーペン内閣の第1党となり、33年には政権を獲得、ヒットラーは、ドイツ宰相となった。 ○ナチスは世界征服を終局の目的とし、その「指導者民族の原則」により民族的憎悪をあおりたてて育成して行く。ゲシュタポ、親衛隊、保安隊などを組織し歴史に前例のない規模で、戦争犯罪をおかして行く。 ○1929年に批准された、捕虜取り扱いに関する国際法の基礎となる、戦時捕虜条約も踏みにじられた。捕虜は虐殺され、危険作業にかり出され、強制収容所に送られ、あるいは銃殺された。それは「国際法を頭から無視した計画的殺人」であった。 ○ドイツはまた、国際海上法も無視。そのため定期船ベナレス号は、戦闘水域の外で、警告なしに撃沈され、250名の乗客が、命を失った。 ○軍事占領下の住民に対しては、1907年ハーグ平和会義で採択された「陸戦法規と慣習に関するハーグ条約」があるが、この条約の各項も全面的に侵害、占領下の国では、多くの住民が犠牲となった。 ○ヒットラーの下で完成した、強制収容所制度が、君臨し、老若、男女、子供をとわず、人間がガス室やかまどで、殺されていった。その数は、少なく見積もっても、1200万人といわれる。またここでは、さまざまな生体実験が行われ、人知の及ぶ限りの恐怖が、快楽として演じられていた。 ○特にひどい迫害を受けたのが、ユダヤ人であった。ユダヤ人は、ユダヤ人であるとの理由だけで、次々と殺された。ナチスのユダヤ人500万以上という大虐殺は、世界史上最大の犯罪である。--ドイツ・ナチスの敗北により、こうした残虐は消えた。しかし、我々はまた、いつこうした恐怖に出会うかわからない状況におかれているのではないだろうか……。

「新13階段への道」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「新13階段への道」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派
製作国 アメリカ
製作年 1966
公開年月日 1968年7月27日
製作会社 ジョセフ・ブレンナー
配給 日本インターナショナル
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「新13階段への道」のみんなのレビュー

「新13階段への道」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。