T.R.Y.

とらい
上映日
2003年1月11日

製作国
日本 中国

上映時間
105分

ここが見どころ

20世紀初頭の上海と東京を舞台に、日本陸軍相手に壮大なペテンを仕掛ける詐欺師の奮闘を描いた活劇。監督は「走れ!イチロー」の大森一樹。第19回横溝正史賞を受賞した井上尚登による同名小説を基に、「笑う蛙」の成島出が脚色。撮影を「なごり雪」の加藤雄大が担当している。主演は「WHITEOUT」の織田裕二。

「T.R.Y.」のストーリー

20世紀初頭の上海。“東洋の巴里”と呼ばれるこの街で、ペテンにかけた相手の放った殺し屋に追われていた詐欺師・伊沢修は、命の保証と引き換えに武装蜂起に必要な大量の武器を日本陸軍から騙し取るよう、革命家グループ“中華黎明会”のリーダー・関に協力を求められる。ターゲットは、陸軍きってのエリート・東正信中将。つけいる隙の寸分もない強敵に、かつてない巧妙な手口を使って大勝負に出る伊沢。ところが、東はそう簡単に騙される相手ではなかった。元貿易商の弟・謙介によって伊沢の正体を知った彼は、伊沢を抱き込み、逆に中華黎明会を騙し討ちにする計画を立てる。しかし、伊沢は更なる逆転劇を演出。まんまと東から武器を奪いとることに成功するのであった…が、武器を横取りしようとした謙介の登場で、それらを載せた帰社が爆発。せっかくの苦労も水の泡となってしまう。だが、意外にもその一件で民衆の革命への気運は高まり、関らから感謝されつつ伊沢は上海を後にする。その後彼は、遠く離れたフランスの地で再び詐欺師稼業に精を出すのだった。

「T.R.Y.」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「T.R.Y.」のスペック

基本情報
製作国 日本 中国
製作年 2003
公開年月日 2003年1月11日
上映時間 105分
製作会社 「T.R.Y.」パートナーズ(東映=角川書店=フジテレビ=電通=アイ・エヌ・ピー=SIDUS HQ)(製作プロダクション 東映東京撮影/製作協力 中国電影合作制片公司=中国上海電影集団公司)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビーSRD

「T.R.Y.」のみんなのレビュー

「T.R.Y.」のレビューを書く

「T.R.Y.」の多彩なBlu-ray/DVD