寝室ものがたり

しんしつものがたり
上映日
1964年9月23日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ エロス

ここが見どころ

「恋人よ帰れ」のコンビ、スタンリー・シャピロとポール・ヘニングの共同シナリオをTV演出家のラルフ・レヴィーが初演出したエロチック・コメディ。撮影はクリフォード・スタイン、音楽はジョセフ・ガーシェンソンが担当した。製作はスタンリー・シャピロ。出演は「侵略」のマーロン・ブランド、「ピンクの豹」のデイヴィッド・ニーヴン、「エルマー・ガントリー 魅せられた男」のシャーリー・ジョーンズ、ほかにマリー・ウィンザー、アラン・ステファン、フランセス・ロビンソンなど。

「寝室ものがたり」のストーリー

フレッド(マーロン・ブランド)とローレンス(デイヴィッド・ニーヴン)は奇妙に女にもてるという共通点を持っていた。2人ともソノ道だけが生甲斐というサムライ。女の数も大変なものであった。やがて、2人のいかさま色事師の歩む軌道が、交叉するときがきた。ローレンスは警部のアンドレ氏(アラン・ステファン)を抱きこんでフレッド放逐の計画をたてた。フレッドとて負けてはいない。ローレンスが退位した元皇族に化けていると知って、インチキな手段で軍隊から除隊許可を得ると、ローレンスの弟の知的障害者の王子に化けて、邪魔を始めた。ところがローレンスも、逆にその彼を利用して、うるさく結婚を迫る女達を追い払う手段とした。やがて、アメリカの石けん女王といわれるジャネット(シャーリー・ジョーンズ)が現れる。ここでフレッドとローレンスは、彼女をテスト・ケースとして腕くらべしようという相談がまとまった。2万5000ドルまきあげた方が彼女をモノにし、負けた方は病人を装い、治療費2万5000ドルを出させる約策をした。ローレンスはいち早くその医者に化けた。ところが、彼女は「石けんの女王」コンテストに優勝しただけの娘にすぎず、一文なしとわかった。彼女は資金を借金と彼女自身が身売りした金でまかなう決心をしていたのだった。フレッドは驚いた。でも金をまきあげることはしないにしても、彼女を征服したいという。だが、ローレンスに打ち明けたところによれば、最も大事な瀬戸際になって彼女に触れることができず、あまつさえ、彼女と結婚したというのだ。ローレンスは言った。「結婚は幸福にちがいない。だがそれには、まずみじめな気持ちを我慢するのに慣れねばなるまい」

「寝室ものがたり」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「寝室ものがたり」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ エロス
製作国 アメリカ
製作年 1964
公開年月日 1964年9月23日
製作会社 ランカシム・カンパニー=ペネベイカー・カンパニー=ユニヴァーサル共同映画
配給 ユニヴァーサル
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「寝室ものがたり」のみんなのレビュー

「寝室ものがたり」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません