新婚第一歩

しんこんだいいっぽ
製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

「ガス燈」「再会(1944)」のシャルル・ボワイエと「桃色の店」「昨日」のマーガレット・サラヴァンが主演する喜劇で、「運命の饗宴」のラディスラウス・ブス・フェケテが書き下ろした物語を、「庭の千草」「アヴェ・マリア」と同じくブルース・マニングとフェリック・ジャクスンが協力脚色し、「西部を駆ける恋」「晴れて今宵は」のウィリアム・A・サイターが監督、「猜疑の影」のジョセフ・ヴァレンタインが撮影した。

「新婚第一歩」のストーリー

ブロードウェイの劇作家アンドレ・カシルが、拍手に呼ばれて舞台に立ってみると 、最前列の一婦人が椅子にもたれて気を失っている。芝居に興奮した結果かと思ったら、実は眠っていたのだった。彼女は女医ジェーン・アレグザンダーである。恋愛は化学反応なりと定義する彼女にひきつけられたアンドレは、仮病を使って病院にいくやら、来診を頼むやら、あの手この手とせめたてて口説く。ようやく結婚はしたが、医師という職業は結婚生活と相容れない。二週間の休暇をとって二人はアンドレの狩小屋に行った。ところがある晩アンドレに電話がかかる。以前の恋人で女優のナンシー・ベンスンで、駅に着いたというのだ。アンドレは駅が火事だと妻をごまかして駅に駆け付け、次の芝居に主役を与えると約束してニューヨークへ追い返した。休暇を楽しく過ごした後、ジェーンは結婚生活永続のために別居生活を提唱し、夫は17階、妻は22階に別居をすることになった。アンドレは不服だったので、プロデューサーのヘイスチングスのすすめに従って、妻に嫉妬をさせようと試みる。しかし嫉妬は血管中のアドレナリンの動揺なりと信じ、アンドレが見せつけるラブシーンを劇の稽古だと思っているジェーンは平気だ。逆に、彼女の患者にアンドレガ気をもむことのほうが多い。ある夜、妻は夫の部屋へエレベーターで下り、夫は花を持って妻の部屋へエレベーターで昇って、そのまま相手を待って一夜を明かす。結婚解消の危機が迫るが、エレベーター係の証言が夫婦の誤解を吹きとばし、二人は堅く抱き合った。

「新婚第一歩」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「新婚第一歩」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1940
製作会社 ユニヴァーサル映画
レイティング

「新婚第一歩」のみんなのレビュー

「新婚第一歩」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。

「新婚第一歩」を観ているあなたにおすすめの映画