真紅の盗賊

しんくのとうぞく The Crimson Pirate
上映日
1953年7月15日

製作国
アメリカ

上映時間
105分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

主演者バート・ランカスター「殺人者(1946)」が主宰するノーマ・プロダクション1952年製作のテクニカラー海洋劇。製作は「タルファ駐屯兵」のハロルド・ヘクトで、ローランド・キビーのオリジナル・シナリオを「殺人者(1946)」のロバート・シオドマクが監督、「スペードの女王」のオットー・ヘラーが撮影した。音楽はウィリアム・オルウィン「落ちた偶像」。出演者はランカスターをはじめ、「快傑ダルド」のニック・クラヴァット、ハンガリー出身の女優エヴァ・バートック「五都物語」、「落ちた偶像」のトリン・サッチャー、ジェームズ・ヘイターなど。

「真紅の盗賊」のストーリー

18世紀。“真紅の海賊”と綽名されるバロ(バート・ランカスター)を頭目とする一味は奇策を弄してスペインの監視艦をそっくり分どったが、船にあったものは銃や弾薬だけで期待した黄金はなかった。バロはそれをコプラ島でスペインに反乱を企てているエル・リブレ1党に売りつけることに決めた。軍船に乗っていたグルーダ男爵はエル・リブレを捕まえたら50万フローリン与えると約束したの、バロは腹心の口の不自由な男オーホとともに1党の根拠地に潜入したが、兵隊に追われ、逃げ回った末、叛徒一味の有力者にでくわし、がんじがらめに縛られて本拠に連れて行かれた。その頃エル・リブレはすでに捕らえられて投獄されており、代わって首領格になっていた娘のコンスエロ(エヴァ・バートック)が2人を救ってくれた。彼女の美貌と孝行心に打たれバロは欲をはなれてエル・リブレの救出を手伝うことになり、監督官グルーダに化けて官邸にのりこみエル・リブレの身柄を引き取ったが、その席にいた踊子に正体を発見されほうほうの態で逃げ出した。海賊の副首領ベロウズはバロの留守中に部下を説いて裏切りを企み、グルーダと内通してエル・リブレ父子を引き渡し、バロとスーホらをボートに縛りつけて海に流した。コンスエロは父を救うため止むなく老人の総督と結婚しなければならなくなったが、祝言の日、無事に陸に上がったバロに指揮された叛徒一味がスペイン軍を撃滅し父子を救い出した。バロはまた新兵器の風船にのって沖の海賊船を襲いベロウズを仆した。

「真紅の盗賊」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「真紅の盗賊」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1952
公開年月日 1953年7月15日
上映時間 105分
製作会社 WB映画
配給 ワーナー・ブラザース日本支社
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
音量 モノラル

「真紅の盗賊」のみんなのレビュー

「真紅の盗賊」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/17

オリヴィア・ハッセー(1951)

マザー・テレサ

貧困と飢えに苦しむ人々のため、87年の生涯を捧げた伝説の修道女マザー・テレサの人生を映画化。テレサを演じるのは、「ロミオとジュリエット」で世界を魅了したオリヴィア・ハッセー。監督はイタリアでTVを中心に活躍するファブリツィオ・コスタ。

ナザレのイエス

2千年の歴史をもつキリスト教の原点であり到達点でもあるイエス・キリストに焦点を当て、キリストの波乱に富んだ生涯を描く。製作はサー・リュー・グレード、監督は「チャンプ」のフランコ・ゼフィレッリ、脚本はアンソニー・バージェス、スーゾ・チェッキ・ダミーコとフランコ・ゼフィレッリ、撮影はデイヴィッド・ワトキンとアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はモーリス・ジャール、美術はジャンニ・クァランタ、衣裳はマルセル・エスコフィエとエンリコ・サバティーニが各々担当。出演はロバート・パウエル、オリヴィア・ハッセー、アン・バンクロフト、アーネスト・ボーグナイン、ジェームズ・ファレンティーノ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ステイシー・キーチ、ジェームズ・メイソン、イアン・マクシェーン、ローレンス・オリヴィエ、ドナルド・プレゼンス、アンソニー・クイン、フェルナンド・レイ、ロッド・スタイガー、ピーター・ユスティノフ、マイケル・ヨーク、シリル・キューサック、イアン・ホルム、ヨルゴ・ボヤジスなど。
ショーン・ビーン(1959)

ウルフウォーカー

過去三作がアカデミー賞候補になったカートゥーン・サルーンが、アイルランドの伝説を題材に作り上げたアニメーション。オオカミ退治のハンターを父に持つロビンは、人間とオオカミが一つの体に共存する“ウルフウォーカー”のメーヴと友だちになるが……。声の出演はNetflix「クリスマス・プリンス」のオナー・ニーフシー、「オデッセイ」のショーン・ビーン。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーアがロス・スチュワートと共同で務めた。

ドローン・オブ・クライム

「サイレントヒル」シリーズのショーン・ビーン主演のスリラー。特集企画『のむコレ』にて上映。