白と黒のナイフ

しろとくろのないふ
上映日
1986年1月25日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

大富豪の人妻殺人事件を通して、容疑者の夫、女性弁護士、検事の闘いを描く法廷ドラマ。製作はマーティン・ランゾホフ、監督は「スター・ウォーズ ジェダイの復讐」のリチャード・マーカンド、脚本は「フラッシュダンス」のジョー・エスターハス、撮影はマシュー・レオネッティ、音楽はジョン・バリー、プロダクション・デザインはジーン・キャラハン、編集はショーン・バートン、コンラッド・バフ、衣裳はアン・ロスが担当。出演はグレン・クローズ、ジェフ・ブリッジスなど。

みんなのレビュー

「白と黒のナイフ」のストーリー

ある嵐の夜、海辺の別荘で殺人事件が発生した。被害者はサンフランシスコの出版王の孫娘ペイジ・フォレスターで、凶器のジャグド・エッジと呼ばれる狩猟用ナイフで何回もメッタ突きにされていた。更にメイドも殺され、その傍には夫のジャック・フォレスター(ジェフ・ブリッジス)が殴られ昏倒していた。この異常な事件を担当したクラズニー地方検事(ピーター・コヨーテ)はジャックが怪しいとにらんで妻殺しの容疑で起訴した。その理由として、ペイジの一族が所有する新聞社の編集長だったジャックが妻の死で莫大な財産を相続すること、ジャックの所属するクラブの守衛が彼のロッカーで凶器そっくりのナイフを見たことなどをあげた。だがジャックは無実を主張、敏腕で鳴らす女性弁護士テディ・バーンズ(グレン・クローズ)を雇った。美人で男まさりのテディは以前クラズニーの下で検事補として働いていたが今は夫と離婚、2人の子供を育てるために企業関係の弁護士として働いていた。彼女はいやいやながらジャックの弁護を引き受けた。というのも、過去、クラズニーと共に有罪にした囚人が首つり自殺し、その原因はクラズニーが無罪になる証拠を隠滅していたためと判明し、いつかその罪のつぐないをしなければならないと考えていたからだった。この事件を担当することは、クラズニーの正体を暴露することでもあった。テディは昔なじみの探偵サム・ランサム(ロバート・ロッジア)の協力を得て活動を開始した。彼らの行動の前提は、ジャックがウソ発見器でシロと出たこと、クラブの守衛の証言は状況証拠であること、ジャックは無実だとタイプされた匿名の手紙がたびたび届けられることなどだった。テディとジャックはいつしか依頼人と弁護士という関係を越え、愛し合うようになっていた。しかし彼女は、「もしあなたがウソをついていたら弁護から降りる」と釘をさすことも忘れなかった。やがて裁判が始まった。クラズニー検事の攻撃は激しい。彼は、殺されたペイジの浮気相手だったテニス・コーチ、スレイド(マーシャル・コルト)、ジャックの愛人などを証言台に立たせ、夫婦間の愛情が冷め切っていることを証明し、ジャックの殺意を印象づけた。ジャックが愛人の存在を隠していたことに怒ったテディは弁護を降りようと思ったが、今となってはそれも難しかった。探偵サムの援護で気をとり直したテディは、クラズニーの起訴事実に多くのミスを見つけた。守衛の見たナイフがあったのは他の男のロッカーであったこと、そして匿名の手紙から、スレイドがペイジ殺しと同じような手口で他の女性を襲っていたことなどを立証し、検事を追いつめ無罪を勝ちとった。激しく愛し合って勝利を祝った翌朝、テディはジャックの部屋からタイプライターを発見した。そのタイプライターこそ、ジャック無罪を勝ち取った大きな要因となった匿名の手紙を打ったものだった。ということは、弁護の指針は全てジャックがタイブし、投函した手紙によっていた、ということになるのだ。テディの顔がみるみる青ざめた。タイプライターを持って大急ぎで自宅に帰ったテディを、その夜、覆而の男が襲った。ふるえながら発砲するテディ。その場にかけつけたサムと共に息絶えた男の覆面を剥ぐとジャックの端正な顔が現われた。

「白と黒のナイフ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「白と黒のナイフ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1985
公開年月日 1986年1月25日
製作会社 デルフィ・プロ作品
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「白と黒のナイフ」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。