七羽の白鳥

ななわのはくちょう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

「七羽の白鳥」のストーリー

昔々セヴン・ダイアルズの王様トウィードルディには7人の王子と末の姫君エリスとがありました。隣国の女皇オルガは自分の国の財政貧しきを心痛し、セヴンダイアルズ国のエリス姫と自分の王子ピーターキンと婚約を結ばせ、自国の窮これを救おうとしましたが、姫はどうしてもこれを承諾致しません。オルガ女王は魔法使いに命じ7人の王子を白鳥の姿に変えさせ山奥に導いてしまいました。そして自分はドウィードルディ王と結婚しましたが、姫は兄7人の身の上を案じ神の御告によって兄の居所に赴き、鳥の兄さんたちの世話をして月日を送る中チャーミングという他国の王子と相愛の仲となりました。その中姫は「兄を再び人間にするには、7つの葦のきれの反物を拵らえこの鳥に被せればよい。しかしこれができあって兄が人間の姿になるまでは、誰とも話をしてはならぬ」と神からの御告げがありましたので、姫は無言のままにきれを織り始めました。チャーミング王子は姫が口を利かないので大変失望し、オルガ女王の悪計を信じ姫を棄てて狩に出てしまいました。姫は恋を犠牲にしても兄のためきれを織っていましたので、オルガ女王のため火刑に処せられようとしましたが、刑の前夜鼠の王様が来て知恵を授け、鳩を使いにしてチャーミング王子及び兄の鳥に急を知らせました。あわや火刑という際に7羽の鳥が参りましたので姫はやっと織り上った着物を被ぶせますと鳥は人間の姿となり姫は救けられてめでたく王子と結婚をなさいました。

「七羽の白鳥」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「七羽の白鳥」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1917
製作会社 フェーマスプレブース映画
レイティング

「七羽の白鳥」のみんなのレビュー

「七羽の白鳥」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「七羽の白鳥」を観ているあなたにおすすめの映画