死刑囚2455号

しけいしゅうにせんごひゃくごじゅうごごう
上映日
1955年4月24日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「トマホーク渓谷の待伏せ」のウォーレス・マクドナルドが1955年に製作したギャング映画。死刑囚キャリル・チェスマンの自伝から「決闘の谷」のジャック・デ・ウィットが脚色、「トマホーク渓谷の待伏せ」のフレッド・F・シアーズが監督した。撮影はフレッド・ジャックマン・ジュニア、音楽はミッシャ・バカライニコフ。「星のない男」のウィリアム・キャンベル、「裏窓」のキャスリン・グラント、「恐怖のサーカス」のマリアン・カー、アレン・ナースらが出演する。

「死刑囚2455号」のストーリー

1954年秋、サン・クェンティン刑務所死刑囚舎2455監房では死刑 囚ホイット(ウィリアム・キャンベル)が数時間後に死刑執行を控えている--幼年時代、ホイットは喘息もちだった。両親は彼を連れてカリフォルニアへ転地し、一家の暮らしは順調だったが、母のハリーが自動車事故で怪我をしてからは、その治療費で一家の財政は極端に苦しくなり、父はガス自殺を計ってホイットに止められたほどであった。貧にいらだったホイットは食料品店の品を盗み、家族には働いて得たと嘘を言った。更に彼は、ジョー・アンという女の好意を得るために盗みを働き、忽ち悪の仲間に入った。そして1年たたぬうちに、度胸と押しで仲間の頭目にのし上っていた。警察の一斉検挙にひっかかったが未成年のため感化院送りになった。そして裟婆に出たときは18才、再びギャング団を組織し、情婦ドリー(マリアン・カー)のアパートを足場に荒稼ぎを始めたが、また捕えられサン・クェンティン刑務所送りとなった。そして1度は囚人農場から脱走したが、ドリーのアパートへ立ち回ったところを捕えられ、4年の刑でフォルサムの刑務所へ送られた。ここで彼は模範囚となっていたが、母の危篤を利用して保釈を得、ドリーのところへ帰って昔の仲間を集めた。彼は、暗黒街の大物を捕えて身代金をせしめるような大仕事をやった。このため全ギャング団は団結して彼に対抗し、彼は止むなく仲間を解散した。しばらくしてロサンゼルス地方に“赤信号ギャング”と呼ばれる強盗が出没しはじめ、容疑者としてホイットが捕えられた。情況証拠は彼にとって不利で、ドリーも彼から去って行った。弁護士にも弁護を断わられた。ホイットは一念発起して独房中で法律の独学を始めた。公判は幾度か開かれ、彼自身の弁論ものべられたが、1948年遂に死刑の宣告をうけた。--追憶が終わったとき、刑務所長が独房に来て、彼の提出した死刑延期願いが受理されたと告げた。

「死刑囚2455号」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「死刑囚2455号」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1955年4月24日
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア映画会社
レイティング

「死刑囚2455号」のみんなのレビュー

「死刑囚2455号」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。