シー・ホーク(1924)

しーほーく
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「スカラムーシュ」の原作者なるイギリスの小説家ラファエル・サバティニ氏の小説を、「オリヴァー・トウィスト」「不滅の情火」等を監督したフランク・ロイド氏が監督したもの主役は「魔界の髑髏島」「善悪の境」等出演のミルトン・シルス氏「怒涛の彼方へ」「海賊アップルジャック」出演のエニッド・ベネット嬢で、その他にもウォーレス・ビアリー氏、ロイド・ヒューズ氏マーク・マクダーモット氏等良く知られた人々が出ている。十六世紀イギリスの物語で、大掛りな海戦で呼物である。

「シー・ホーク(1924)」のストーリー

ジョン・キリグルウ卿の家とオリヴァー・トレシリアン卿の家とは永い間の仇敵であったがジョンの後見しているロザマンド姫は何日かオリヴァー卿に想を寄せていた。オリヴァーの異母弟ライオネルは姫の兄ピーターと争って彼を殺したが、捕えられるのを恐れ兄の保護を哀訴した。オリヴァーは捕えられたが身の潔白を主張するだけで犯人の名を口外しなかった。兄が放免されれば自分が捕えられると思ったライオネルは海賊ジャスパーに兄を誘拐するよう頼む。オリヴァーは海賊船に誘拐されたが、その船はスペイン船に襲撃されオリヴァーは捕虜となって奴隷にされ漕手として酷使されているうち、ムーア人の海賊アサッドが襲撃して来たオリヴァーは縛を逃れてアサッドに助力したので、彼はアサッドに重用され、やがて海の鷹と呼ばれる副首領になる。彼はロザマンドがライオネルと結婚しようとするのを聞き二人を奪取し、姫と結婚したが、從弟の自白で身の潔白を証し、久々で故国のイギリスに帰ることができる。

「シー・ホーク(1924)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「シー・ホーク(1924)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1924
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 ファースト・ナショナル社
レイティング

「シー・ホーク(1924)」のみんなのレビュー

「シー・ホーク(1924)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/22

ジム・ジャームッシュ(1953)

デッド・ドント・ダイ

第72回カンヌ国際映画祭のオープニングを飾ったジム・ジャームッシュによるゾンビ・コメディ。アメリカの田舎町で、次々と墓場から死者が蘇る事態が発生。3人だけの警察署で勤務するピーターソン巡査や葬儀屋のゼルダが退治するが、ゾンビは増殖していく。出演は、「ゴーストバスターズ」のビル・マーレイ、「パターソン」のアダム・ドライバー、「サスペリア」のティルダ・スウィントン、「荒野にて」のクロエ・セヴィニー。

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。
生田絵梨花(1997)

あさひなぐ

こざき亜衣による同名漫画をアイドルグループ乃木坂46出演で舞台化&映画化するプロジェクトの映画版。二ツ坂高校なぎなた部に入部した東島旭。圧倒的な強さを誇る先輩・真春ら部員たちと過酷な練習の日々を送るなか、旭はひたむきになぎなたと向き合っていく。主人公の東島旭役には映画初出演にして初主演の西野七瀬、旭の憧れの先輩でなぎなた部のエース・宮路真春役に白石麻衣、ほかに桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花ら乃木坂46メンバーが出演。「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の富田望生、「愚行録」の中村倫也、「ちはやふる」の森永悠希、「くちびるに歌を」の角替和枝、「PとJK」の江口のりこが脇を固める。監督・脚本は「ヒロイン失格」の英勉。

超能力研究部の3人

アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未主演、「もらとりあむタマ子」の山下敦弘監督による異色アイドル映画。大橋裕之の連作短編漫画『シティライツ』を原作にした作品とメイキング風ドキュメンタリーを掛け合わせながら、3人のアイドルの“リアル”と“嘘”を映し出す。脚本は「苦役列車」のいまおかしんじと「もらとりあむタマ子」の向井康介。