シー・ホーク(1924)

しーほーく
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「スカラムーシュ」の原作者なるイギリスの小説家ラファエル・サバティニ氏の小説を、「オリヴァー・トウィスト」「不滅の情火」等を監督したフランク・ロイド氏が監督したもの主役は「魔界の髑髏島」「善悪の境」等出演のミルトン・シルス氏「怒涛の彼方へ」「海賊アップルジャック」出演のエニッド・ベネット嬢で、その他にもウォーレス・ビアリー氏、ロイド・ヒューズ氏マーク・マクダーモット氏等良く知られた人々が出ている。十六世紀イギリスの物語で、大掛りな海戦で呼物である。

「シー・ホーク(1924)」のストーリー

ジョン・キリグルウ卿の家とオリヴァー・トレシリアン卿の家とは永い間の仇敵であったがジョンの後見しているロザマンド姫は何日かオリヴァー卿に想を寄せていた。オリヴァーの異母弟ライオネルは姫の兄ピーターと争って彼を殺したが、捕えられるのを恐れ兄の保護を哀訴した。オリヴァーは捕えられたが身の潔白を主張するだけで犯人の名を口外しなかった。兄が放免されれば自分が捕えられると思ったライオネルは海賊ジャスパーに兄を誘拐するよう頼む。オリヴァーは海賊船に誘拐されたが、その船はスペイン船に襲撃されオリヴァーは捕虜となって奴隷にされ漕手として酷使されているうち、ムーア人の海賊アサッドが襲撃して来たオリヴァーは縛を逃れてアサッドに助力したので、彼はアサッドに重用され、やがて海の鷹と呼ばれる副首領になる。彼はロザマンドがライオネルと結婚しようとするのを聞き二人を奪取し、姫と結婚したが、從弟の自白で身の潔白を証し、久々で故国のイギリスに帰ることができる。

「シー・ホーク(1924)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「シー・ホーク(1924)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1924
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 ファースト・ナショナル社
レイティング

「シー・ホーク(1924)」のみんなのレビュー

「シー・ホーク(1924)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 10/24

丹波哲郎(2006)

八甲田山 完全版

劇場版「八甲田山」ではカットされた、徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンを追加した「八甲田山」完全版。映画の上映から5年後、昭和57年10月6日の日本テレビ「水曜ロードショー」で初放送された。2014年4月19日より、東京・恵比寿 東京都写真美術館にて開催された「山岳映画:特集上映-黎明期のドイツ映画から日本映画の名作まで-」にて35ミリニュープリントを上映。

天皇の世紀

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。
八千草薫(2019)

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

“世界のミフネ”こと俳優・三船敏郎の偉業とその波乱に満ちた生涯に迫るドキュメンタリー。香川京子、司葉子らの共演者を始め、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった巨匠まで、三船に魅せられた人々の言葉からその魅力を解き明かす。監督は「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したスティーブン・オカザキ。

ゆずり葉の頃

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。