• 映画DB トップ
  • はりまや橋 The Harimaya Bridge

はりまや橋 The Harimaya Bridge

はりまやばしざはりまやぶりっじ THE HARIMAYA BRIDGE
上映日
2009年6月13日

製作国
日本 アメリカ 韓国

上映時間
120分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

日本で息子を亡くしたアメリカ人男性が、高知を訪れて息子の足跡を辿る中で、自分を見つめ直していく姿を描くドラマ。監督は、自身も高知県で暮らしたことのあるアロン・ウルフォーク。出演は「カラー・パープル」のベン・ギロリ、「カフーを待ちわびて」の高岡早紀。「ブラインドネス」などで活躍する名優ダニー・グローヴァーが出演のほか製作総指揮をつとめる。

「はりまや橋 The Harimaya Bridge」のストーリー

ダニエル・ホルダー(ベン・ギロリ)はサンフランシスコに住む写真家。彼の1人息子ミッキー(ヴィクター・グラント)は、アメリカを飛び出し、日本の高知県のとある町で英語教師として働きながら、画家としても活躍していた。だが、そんな順調な生活も束の間、1年もたたないうちにミッキーは交通事故で命を落とす。悲しみに暮れるダニエル。彼には、太平洋戦争で父を失った過去があった。戦争で父を日本兵に殺され、息子までも日本で失ってしまう悲劇。日本への嫌悪感と偏見を抱えながらも、自らを奮い立たせ、ミッキーが遺した絵をかき集める決意でダニエルは単身日本を訪れる。高知をさまよい、ミッキーの足跡を辿る中で、彼を知る多くの人々と出会う。ミッキーを弟のように可愛がっていた原先生(清水美沙)、かつての上司(山崎一)や同僚。思いのほか温かく迎えられ、意外なまでに高知の人々に愛されていた息子の生活を目の当たりにし、激しく戸惑う。そんなある日出会ったのは、息子の教え子だった知的障害の少女(穂のか)。彼女から渡された絵によってダニエルは思いがけない事実を知る。ミッキーが同僚の紀子(高岡早紀)と結婚していたこと、そして2人の間に新しい命が生まれていたことを……。

「はりまや橋 The Harimaya Bridge」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「はりまや橋 The Harimaya Bridge」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本 アメリカ 韓国
製作年 2009
公開年月日 2009年6月13日
上映時間 120分
製作会社 ラテルナ=イレブンアーツ=SSD=東映ビデオ
配給 ティ・ジョイ
レイティング 不明
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビーSRD

「はりまや橋 The Harimaya Bridge」のみんなのレビュー

「はりまや橋 The Harimaya Bridge」のレビューを書く

「はりまや橋 The Harimaya Bridge」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。

「はりまや橋 The Harimaya Bridge」を観ているあなたにおすすめの映画