オンナゴコロ(2008)

おんなごころ Girl with frigidity in Tokyo
上映日
2009年3月7日

製作国
日本

上映時間
100分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

主演は映画を中心にテレビドラマやCMなど多方面で活躍する前田綾花。不感症で、生きる意味を貪欲に探し続けるという難しい役どころを、持ち前の実力と特有の空気感で魅せつけ、美しい肢体を初披露し、体当たりで演じている。監督は、本作が映画初監督となる松田礼人。多数のテレビドラマで実績を生み、評価されてきた敏腕を活かし、心に残る新たなるエンターテインメント作品を描き出す。(作品資料より)
主演は映画を中心にテレビドラマやCMなど多方面で活躍する前田綾花。不感症で、生きる意味を貪欲に探し続けるという難しい役どころを、持ち前の実力と特有の空気感で魅せつけ、美しい肢体を初披露し、体当たりで演じている。監督は、本作が映画初監督となる松田礼人。多数のテレビドラマで実績を生み、評価されてきた敏腕を活かし、心に残る新たなるエンターテインメント作品を描き出す。(作品資料より)

「オンナゴコロ(2008)」のストーリー

心の隙間を埋めるために、男たちと体を重ねるアコ。セックスに感じることが出来ず、ひどい言葉を残して去られても、怒りや哀しみですら自覚できない。いつしか全ての感情を封印してしまうのが癖となり、男たちから“不感症”のレッテルを貼られてしまう。だが、“不感症”末期状態のアコは意外とタフで貪欲だった。フツーの女の子に見えて、フツーじゃないダーツの腕前を持つアコは、それを武器に、行きつけのダーツバーで次々と男を捕らえてゲームをする。自分の体を賭けて繰り返される駆け引きはこの上ない刺激となり、矢を放つ臨場感で、アコは最大級の快感を得ることができた。そしてエスカレートしていくゲームの罠……。

「オンナゴコロ(2008)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「オンナゴコロ(2008)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2009年3月7日
上映時間 100分
製作会社 GPミュージアムソフト=Breath
配給 Breath=GPミュージアムソフト
レイティング 不明
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
音量 不明

「オンナゴコロ(2008)」のみんなのレビュー

「オンナゴコロ(2008)」のレビューを書く

「オンナゴコロ(2008)」をBlu-ray/DVDで観る

「オンナゴコロ(2008)」の関連作を観る