少年の心

しょうねんのこころ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「天涯の孤児」と同様故ウィリアム・デスモンド・テイラー監督のリアルアート映画である。主役は9月29日電気館封切の「茶目小僧」(「ハックルベリー・フィン」と紹介せし日活輸入映画)と同じく名子役ルイス・サージェントで、そのほかクライド・フィルモア、ライラ・リー、ベティー・シェードらが共演している。

「少年の心」のストーリー

エドワード・シムプスンは幼い頃親の手から他人の手へ、それから孤児院へと移されて、慈愛の片影も見い出せぬ冷いその孤児院で育てられた。彼は遂にある一日自分が救った愛犬とともにそのところを脱走した。彼は新聞売り子のマイクに助けられその粗末な住家に連れ帰られ始めて人の情の味を覚えた。激しい食欲は貧しい2人を始終苦しめるのであった。彼らはある日最早忍耐し得ずして菓子を盗み去ろうとして、憐れにも捕らえられ、少年裁判所の判事のために感化院に送られようとしたが、丁度傍聴していたハミルトン一家の者に引き取られた。その後ハミルトン家の令嬢ヴェラの結婚者ディックの失策から同家が累を及ぼされようとした時、彼はマイクと協力してその危急を救い再生の恩を報じた。彼はその後同家の養子となり慈愛に育くまれて美しい道へと歩んだ。

「少年の心」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「少年の心」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1920
製作会社 リアルアート映画
配給 日活輸入
レイティング

「少年の心」のみんなのレビュー

「少年の心」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「少年の心」を観ているあなたにおすすめの映画