夢のまにまに

ゆめのまにまに
上映日
2008年10月18日

製作国
日本

上映時間
106分

ジャンル
戦争

ここが見どころ

「あゝひめゆりの塔」から「父と暮らせば」まで、数多くの名作で美術を手掛けた木村威夫が、90歳にして手掛けた長編映画監督デビュー作。戦争体験を軸に映画専門学校の校長と一人の学生の交流を描いた、木村監督の自伝的要素の濃い作品。「にあんちゃん」の長門裕之と「無法松の一生」の有馬稲子、ベテラン二人が共演。

「夢のまにまに」のストーリー

映画の専門学校、NK学院の学院長に就任した木室創(長門裕之)は、一人の学生・村上大輔(井上芳雄)と知り合う。左腕に心の恋人“モンロー”の刺青を入れ、一見おどけているように見える大輔だったが、その実、独特の雰囲気を持ち、影のある青年だった。“なぜ戦争なんかしたんだ! 芸術を志した者が、人を殺す為の世界へ追いやられて、みんな死んでしまった”60年前の戦時中、自分のような若者たちが死んでいったことの理不尽さに苛立ちを感じていた大輔は、当時を知る木室にその思いをぶつける。一方、過去を背負ったまま老境を迎えた木室は、痛々しいほど激しい若者の慟哭に自分の青春を重ねる。思い出す青春の日々。そんな木室の前に、彼の絵を描く女性が現れる。彼女は、木室が青春時代に淡い恋心を抱いていた女性によく似ていた。木室の妻・エミ子(有馬稲子)もまた、60年前に大切な人を亡くし、生き残ってしまったという思いからいまだに抜け出せずにいた。広島の原爆で亡くなった姉の形見であるアルミの弁当箱。エミ子はそれを大切に持っていた。彼らを思い出し、忘れないでいることだけが彼女の救いだった。そんな中、精神病を患った大輔が学院を中退する。その後、木室と交わした手紙の中で、自殺をほのめかす大輔。若さと老い、過去と未来、生と死、そして愛-様々な事が浮き彫りになっていく。木室は、大輔の“生きたい!”という魂の叫びを感じ、何とか思いとどまらせようと手を尽くす。そして、木室夫婦にもある変化が訪れる。

「夢のまにまに」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「夢のまにまに」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2008年10月18日
上映時間 106分
製作会社 パル企画=ポニーキャニオン=トルネード・フィルム
配給 パル企画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「夢のまにまに」のみんなのレビュー

「夢のまにまに」のレビューを書く

「夢のまにまに」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません