夢のまにまに

ゆめのまにまに
上映日
2008年10月18日

製作国
日本

上映時間
106分

ジャンル
戦争

ここが見どころ

「あゝひめゆりの塔」から「父と暮らせば」まで、数多くの名作で美術を手掛けた木村威夫が、90歳にして手掛けた長編映画監督デビュー作。戦争体験を軸に映画専門学校の校長と一人の学生の交流を描いた、木村監督の自伝的要素の濃い作品。「にあんちゃん」の長門裕之と「無法松の一生」の有馬稲子、ベテラン二人が共演。

「夢のまにまに」のストーリー

映画の専門学校、NK学院の学院長に就任した木室創(長門裕之)は、一人の学生・村上大輔(井上芳雄)と知り合う。左腕に心の恋人“モンロー”の刺青を入れ、一見おどけているように見える大輔だったが、その実、独特の雰囲気を持ち、影のある青年だった。“なぜ戦争なんかしたんだ! 芸術を志した者が、人を殺す為の世界へ追いやられて、みんな死んでしまった”60年前の戦時中、自分のような若者たちが死んでいったことの理不尽さに苛立ちを感じていた大輔は、当時を知る木室にその思いをぶつける。一方、過去を背負ったまま老境を迎えた木室は、痛々しいほど激しい若者の慟哭に自分の青春を重ねる。思い出す青春の日々。そんな木室の前に、彼の絵を描く女性が現れる。彼女は、木室が青春時代に淡い恋心を抱いていた女性によく似ていた。木室の妻・エミ子(有馬稲子)もまた、60年前に大切な人を亡くし、生き残ってしまったという思いからいまだに抜け出せずにいた。広島の原爆で亡くなった姉の形見であるアルミの弁当箱。エミ子はそれを大切に持っていた。彼らを思い出し、忘れないでいることだけが彼女の救いだった。そんな中、精神病を患った大輔が学院を中退する。その後、木室と交わした手紙の中で、自殺をほのめかす大輔。若さと老い、過去と未来、生と死、そして愛-様々な事が浮き彫りになっていく。木室は、大輔の“生きたい!”という魂の叫びを感じ、何とか思いとどまらせようと手を尽くす。そして、木室夫婦にもある変化が訪れる。

「夢のまにまに」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「夢のまにまに」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2008年10月18日
上映時間 106分
製作会社 パル企画=ポニーキャニオン=トルネード・フィルム
配給 パル企画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「夢のまにまに」のみんなのレビュー

「夢のまにまに」のレビューを書く

「夢のまにまに」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません