シュート・ザ・ムーン

しゅーとざむーん
上映日
1985年5月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

結婚して15年たつ夫婦間の危機を描く。製作はアラン・マーシャル、エグゼクティヴ・プロデューサーはエドガー・J・シェリックとスチュワート・ミラー、監督は「ピンク・フロイト・ザ・ウォール」のアラン・パーカー、脚本はボー・ゴールドマン、撮影はマイケル・セラシンが担当。出演はアルバート・フィニー、ダイアン・キートン、カレン・アレンなど。日本版字幕は戸田奈津子。カラー、ビスタサイズ。1981年作品。

「シュート・ザ・ムーン」のストーリー

北カリフォルニア郊外に家を持つ作家のジョージ・ダンラップ(アルバート・フィニー)は、妻フェイス(ダイアン・キートン)と4人の娘と暮らしている。今日、ジョージは国際作家賞の受賞式に招待されている。式場に向かう車の中でその晴れやかさとは裏はらに、ジョージの表情は暗い。結婚して15年になるフェイスと、最近うまくいっていないのだ。お互いの信頼感を失っている2人は、会話がかみ合わない。ジョージに恋人がいることも、フェイスは知っていた。遂に破局の時が来た。家を出てゆくというジョージに、「あなたの荷物はゆうべのうちに作っておいたわ」と答えるフェイス。4人の娘たちはそれぞれ悩みはじめる。とりわけ思春期にさしかかっている長女シェリー(ダナ・ヒル)は穏やかではない。ジョージの愛人サンディ(カレン・アレン)は離婚の経験者で、今は1人で暮らしていた。シェリー以外の娘ジル(ヴイヴェカ・デイヴィス)、モリー(ティナ・ヨザース)、マリ・アンヌ(トレイシー・ゴールド)の3人をサンディの家に呼びよせ、共に史跡見学に行くジョージ。一方、フェイスは、以前からの望みだった、庭にテニスコートを造るという作業にとりかかっていた。その請負人としてやって来たフランク(ピーター・ウェラー)と、親密な関係になっていた。娘たちも彼にはなついていた。別居しつつも時々訪れるジョージは、2人の関係に気づき嫉妬心を抱いていた。そんな頃、フェイスの父親が亡くなり、その葬式の日、2人はレストランでハチ合わせた。気持ちが高まり、言いたい事をズバズバと言い合った2人は、どこか心の通じ合うものを感じ、その日、夜を共に過ごした。テニスコートが完成した日の夜。完成パーティに酔いしれているフェイスに反発してシェリーが家を飛び出した。彼女はジョージのいるサンディの家に向かった。シェリーを見つけ、彼女を家に送るためにフェイスの許を訪れたジョージは、テニスコートをめちゃめちゃに壊した。フランクはジョージをめった打ちにし、その場を去った。血まみれのジョージを見て、4人の娘たち、そしてフェイスがかけ寄るのだった。

「シュート・ザ・ムーン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「シュート・ザ・ムーン」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1982
公開年月日 1985年5月3日
製作会社 MGM作品
配給 MGM映画=CIC
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「シュート・ザ・ムーン」のみんなのレビュー

「シュート・ザ・ムーン」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません