砂の影

すなのかげ
上映日
2008年2月2日

製作国
日本

上映時間
76分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

日常と隣り合わせの絶望を、8ミリフィルム独特の映像で印象的に描き出す。監督・脚本は「すべては夜から生まれる」の甲斐田祐輔。撮影は青山真治作品などで知られるたむらまさき。出演は「全然大丈夫」の江口のりこ、「プルコギ」のARATA、「歓喜の歌」の米村亮太郎ら。

みんなのレビュー

「砂の影」のレビューを書く

「砂の影」のストーリー

夏の終わり。引っ越したばかりの部屋で、ユキエ(江口のりこ)は学生時代からの恋人である玉川(ARATA)と過ごしていた。ユキエと玉川は婚約している。普段はOLとして会社勤めをし、淡々とした日々を過ごしているユキエだったが、家に帰れば玉川がいて、そこでは別人のように玉川と戯れる。そんな折、玉川の母から電話がかかってくる。実家の旅館を継ぐ話があがっているが、玉川は電話を無視する。ユキエにも同じ電話がかかってくるが、自分のところにはいないと言い、切ってしまう。玉川がどこにいるのか母親にはわからない。隣人の嫌がらせにも、大家のお節介にも、おしゃべりな同僚にも、ユキエは心を動かされず、玉川との蜜月を重ねていく。玉川はまるでユキエのために存在しているかのよう──玉川は、幻影だった。そんなユキエに惹かれる同僚の男、真島(米村亮太郎)は、会社の倉庫に家をつくって住んでしまっている変わり者だった。彼だけが、頑なに他人と接触をしたがらないユキエに心を寄せていた。迫ってくる真島に「婚約者がいる」と唐突にユキエが返すも、まるで真島はすべてわかっているとばかりにするりとかわしてしまう強さがあった。彼だけが、ユキエの世界に足を踏みいれようとする。ユキエが留守の間に部屋にやってきた真島。しかし帰ってきたユキエは真島に気付かない。執拗に手を洗うユキエに、何を話しても真島の声は届かない。突然今まで無表情だったユキエが、幼い子供のように泣きじゃくる。真島の存在によって、ユキエの世界のバランスは少しずつ狂い始めていたのだ。ユキエの部屋の不審さに気付いた大家は中へと入る。異様な臭いと静かな部屋がそこにあった。大家は浴室のドアに手をかける。荒涼とした砂漠には、独り静かに微笑むユキエがいた……。

「砂の影」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「砂の影」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2008年2月2日
上映時間 76分
製作会社 「砂の影」製作委員会
配給 スローラーナー
レイティング
カラー/サイズ カラー

「砂の影」のみんなのレビュー

「砂の影」のレビューを書く

「砂の影」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/11

加山雄三(1937)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

茅ヶ崎出身のミュージシャン、桑田佳祐を核に“芸能の地、茅ヶ崎”の秘密を探る音楽探訪記。サザンオールスターズの名付け親である宮治淳一が、人類学者の中沢新一、本作の監督を務めた「人狼ゲーム」の熊坂出と共に茅ヶ崎と芸能との関係性を多角的に分析する。高校生時代の宮治の記憶をもとに撮影されたドラマパートでは、宮治の学生時代を「3月のライオン」の神木隆之介が、桑田の学生時代を「サクラダリセット」の野村周平が演じる。そのほか「森山中教習所」の賀来賢人、「銀魂」の安田顕、そして桑田佳祐自身も出演。2017年6月25日、第6回茅ヶ崎映画祭にてワールドプレミア上映。2017年7月21~23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで特別劇場公開。
武田鉄矢(1949)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

いのちスケッチ

福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。