ザンダリーという女

ざんだりーというおんな
上映日
1991年10月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

アメリカ南部を舞台にした、欲求不満の人妻の愛欲関係を描くエロチック・サスペンス。監督はニュージーランド出身のサム・ピルスバリー。製作はウィリアム・ブレイロックとアール・リモン。エグゼクティブ・プロデューサーはニコル・セイガンとステファン・アレンバーグ、脚本はマリ・コーンハウザー。撮影はウォルト・ロイド。音楽はプレイ・フォー・レインが担当。

「ザンダリーという女」のストーリー

ニューオリンズの下町フレンチ・クォーター。ザンダリー(エリカ・アンダーソン)は、愛する夫ティエリー(ジャッジ・ラインホールド)と、この小さな町で生活していた。しかし、詩人志願のティエリーは、父の遺したラジオ局の立て直しに奔走する毎日。もともと繊細な彼にはビッグ・ビジネスは不向きで、疲労のあまり不能になっていた。そんな夫に欲求不満を募らせたザンダリーは、夫の親友ジョニー(ニコラス・ケイジ)の誘惑に乗り、関係を結んでしまう。そうと察したティエリーは会社を辞め、妻と人生をやり直すためリゾート地へ向かった。だが、そこにジョニーが現れ、3人でボートに乗っているうちに、ティエリーが転落してしまう。助けを求めるティエリー。しかし、ザンダリーはそれを拒んで彼を水死させてしまうのだった。ザンダリーとジョニーはその後も愛欲の日々を過ごすが、ジョニーは麻薬のディーラーとのトラブルであっけなく殺されてしまう。

「ザンダリーという女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ザンダリーという女」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1991年10月5日
製作会社 エレクトリック・ピクチャーズ=ITC・エンターテインメント・グループ・プロ作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ザンダリーという女」のみんなのレビュー

「ザンダリーという女」のレビューを書く

「ザンダリーという女」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?


「ザンダリーという女」を観ているあなたにおすすめの映画