サンバーン

さんばーん
上映日
1979年8月25日

製作国
アメリカ

ジャンル
サスペンス・ミステリー アクション

ここが見どころ

アカプルコで起こった1人の男の事故死をめぐって、保険調査員とモデルが、事実をつきとめるまでを描くミステリー・アクション映画。製作はジョン・デーリーとジェラルド・グリーン、監督は「バニシング・ポイント」のリチャード・C・サラフィアン。スタンリー・エリンの「空白との契約」を基にスティーブン・オリバー、ジェームズ・ブースとジョン・デーリーが脚色。撮影はアレックス・フィリップス・ジュニア、音楽はジョン・キャメロンが各々担当。出演はファラ・フォーセット、チャールズ・グローディン、アート・カーニー、エレノア・パーカー、ジョーン・コリンズ、シーモア・カッセル、ロビン・クラーク、ジョーシ・グッドフェロウ、ジョージ・ルークなど。

「サンバーン」のストーリー

アカプルコの昼下り、太陽の照りつける中、疾走する1台の車が酒場に激突して炎上した。そして運転していた男が死んだ。一匹狼の保険調査員ジェイク(チャールズ・・グローディン)が死亡したアカプルコの住人ソーレンの死因の確認を依頼された。もし、事故死なら、保険会社は2週間後に500万ドルを支払わねばならず、それを阻止できれば、彼に10パーセントの報酬が入ってくる。ジェイクの考えた作戦は、妻を仕立て、ソーレンの家付近に住みこませ、真実を探ろうというものである。そこへやってきたモデルの美女エリー(ファラ・フォーセット=メジャース)は、早速ジェイクに使われるハメになった。ソーレンの顧問弁護士の隣人となった2人は、弁護士夫人ネラ(エリナ・パーカー)や息子カール(ロビン・クラーク)、その妹ジョアンナ(ジョーン・グッドフェロー)と顔なじみになる一方、弁護士一家とソーレン家に盗聴器を仕掛けることに成功した。古い付き合いの老私立探偵マーカス(アート・カーニー)の手を借りたジェイクは、ソーレンが恐喝されていたこと、そして彼がドブス(セイモア・キャッセル)という男と会ってから、弁護士と通っていたサウナヘ足を踏み入れたくなったことなどを知った。さらに、第2大戦中の人間関係がからんでいることを知った。そして、ソーレンの事故現場に居合せたバスク(ジョージ・ルーク)、この一帯を動かすギャング組織のボス、ゲラとその手下たちが、ソーレンを死に追いやったことをつきとめた。やがてエリーの協力などでジェイクはそれを証明することに成功するのだった。

「サンバーン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「サンバーン」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー アクション
製作国 アメリカ
製作年 1979
公開年月日 1979年8月25日
製作会社 ヘムディル・レジャー・コーポレーション作品
配給 松竹=富士映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「サンバーン」のみんなのレビュー

「サンバーン」のレビューを書く

「サンバーン」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/18

北野武(1947)

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。

アウトレイジ 最終章

北野武監督が手掛けるバイオレンスシリーズ最終章となる3作目。大友が身を寄せる韓国の張会長を相手に、花菱会の花田がトラブルを起こす。花菱会会長の野村と若頭の西野による覇権争いは張会長襲撃にまで発展し、張会長に恩義を感じる大友は帰国を決意する。前作に続きビートたけし、西田敏行、塩見三省、金田時男、白竜、名高達男、光石研、中村育二、松重豊らが出演するほか、「ミュージアム」の大森南朋、「エヴェレスト 神々の山嶺」のピエール瀧、「TAP THE LAST SHOW」の岸辺一徳、「シン・ゴジラ」の大杉蓮、「ボクの妻と結婚してください。」の原田泰造、「レイルロード・タイガー」の池内博之、「シン・ゴジラ」の津田寛治らがシリーズ初出演する。
片桐はいり(1963)

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

私をくいとめて

「勝手にふるえてろ」の綿矢りさ(原作)&大九明子(監督)コンビが再タッグ。30歳を越え、“おひとりさま”が板についた黒田みつ子。脳内にいるもう一人の自分“A”と平和な生活を満喫していた彼女はある日、年下の営業マン、多田くんに恋してしまう。出演は「星屑の町」ののん、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の林遣都。