三人姉妹(1930)

さんにんしまい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ジョージ・ブルックスと「キャバレーの秘話」「クリスティナ」のマリオン・オースとが合作したストーリーからジョージ・ブルックスと「黒時計連隊」のジェームズ・マクギネスとが脚色し、「ディキシー歌舞曲」「ダニューブ河の漣」のポール・H・スローンが監督したもので撮影は「鉄骨エロ騒動」「心許すな殿方に」のL・ウィリアム・オコンネル。主なる出演者は「母ぞよく知る」「キャバレーの秘話」のルイズ・ドレッサー、「最後の一人」のケネス・マッケンナ、「最敬礼」「友愛天国」のジョイス・コンプトン、「ハッピイ・デイス」「南海の薔薇」のトム・パトリコア、アディー・マックフォールなどである。

「三人姉妹(1930)」のストーリー

1914年の夏、イタリー北部のある村。マルタ夫人は長女カルロッタがトニーと結婚するので、次女のエレナとその準備に大騒ぎだった。3番目の娘アントニアはローマへ歌劇の勉強に行っていたが、ウィンナへの初舞台から座主と一緒にわが家に立ち戻った。カルロッタは母親が自分の持参金のために田地をパスカルに安く手放したのに気がついたので、仲裁に入った母親がパスカルを詰問し口論のあげく、パスカルに殴りつけられたので怒りのあまりパスカルを傷つけた。彼の復讐を恐れて彼女は妹アントニアの助力でトニーと国を逃げてしまった。一方エレナは伯爵ド・アマティと恋に落ち、結婚したけれども、それはド・アマティは出征の命をうけたが、まもなく戦死してしまう。オーストリア軍の浸入。村が危険になる。エレナは産後が悪く伯爵の子をのこしてこの世を去る。母親マルタはエレナの残した孫と2人で砲火をあびるわが家を後に非難した。マルタはローマの料理店で皿洗いをしてその日その日を送っている中パスカルに発見された。パスカルはこのことをド・アマティの父公爵に告げたのでマルタはまたその孫を奪われ今は全くの1人になってしまった。一方カルロッタ夫婦はアメリカに渡って成功しパスカルを通じてマルタに送金して来た。休戦後、アメリカで出会いしたアントニアと共にカルロッタは母親を探しにローマヘ来た。母親は幸い以前の店にいた。送金した金をパスカルが横領していたのを知ってパスカルはトニーのためにひどい目に合う。母親はいまこそ愛娘にかこまれ幸福な日を送る身の上となったのである。

「三人姉妹(1930)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「三人姉妹(1930)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1930
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング

「三人姉妹(1930)」のみんなのレビュー

「三人姉妹(1930)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません


「三人姉妹(1930)」を観ているあなたにおすすめの映画