山岳の侠勇

さんがくのきょうゆう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

エフ・ビー・オー社の大スター、レンジヤー主演映画で、多くのリン・チン・チン映画の原作を書いたエワート・アダムソン氏が書き卸した台本により、警察犬に造詣深く名犬映画監督として定評あるヘンリー・マッカーシー氏が監督したもの。助演俳優はユニヴァーサル社西部劇に出演したロータス・トンプソン嬢、ロバート・ラムゼー氏、エデイ・チャンドラー氏及びクラーク・コムストック氏等である。

「山岳の侠勇」のストーリー

採鉱権所有者のダン・エモリーは飼い犬レンジヤーを苦しめているレッド・ソーンダースという評判の悪い男を懲らしめてやろうとして却ってレッドのために殴り倒された。そうしてレッドは更に犬の鎖を解いてダンにけし掛けたが、犬は犬好きを知ってレンジヤーは却ってダンを護らうとした。ダンは感動した。頑固者の蘇国人ラングは娘のベシーと共に、疑わしい人物と目されているダンを快く思わなかった。しかしベシーはやがてダンに好意を持つようになった。レッドは村の子供を酷い目に遭わせてそれをレンジヤーの仕業と見せかけた。鉱脈爆破作業中負傷したダンはレンジヤーを走らせて救いを、求めたが村人は彼を殺そうとするのでベシーが保護し且つ医師を鉱山へ遣わした。ダンが豊富な鉱脈を掘り当てた時レッドは採掘権を横領しようとした。そして格闘の末打ち負かされたレッドは復讐を企んだ。頑固なラングは益々ダンを憎んだ。ダンが町へ来て鉱脈発見の祝いをした時ダンはラングに対する不遜な言辞を漏らした。レッドはラングと争って彼を殺した。その後へ話をつけようとダンが行ったところへ役人がやってきたためダンは辛くも逃げた。ダンを信ずるベシーはレンジヤーにレッドの跡をつけさせたが却ってレッドに捕らえられた。彼女はレンジヤーをして救いを求めさせた。ベシーの手紙で無罪と判明したダンは多数の村人と共に彼女を救援に赴いた。レンジヤーは危ういところでベシーを救い、ソーンダースは役人の手に渡された。

「山岳の侠勇」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「山岳の侠勇」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1926
製作会社 エフ・ビー・オー映画
配給 東西映画社
レイティング

「山岳の侠勇」のみんなのレビュー

「山岳の侠勇」のレビューを書く


「山岳の侠勇」を観ているあなたにおすすめの映画