トランスポーター2

とらんすぽーたーつー The Transporter 2
上映日
2006年6月3日

製作国
フランス アメリカ

上映時間
88分

ジャンル
アクション
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

プロの運び屋の活躍を描いたヒット作「トランスポーター」の続編となるアクション作品。主演は新世代のアクションスターとして脚光を浴びるジェイスン・ステイサム(「スナッチ」)。監督は前作に引き続き俊英ルイ・レテリエが担当している。また、製作はリュック・ベッソンで、脚本にも参加している。

「トランスポーター2」のストーリー

フランク(ジェイスン・ステイサム)は、プロの運び屋(トランスポーター)だったが、今では危険な仕事から足を洗い、裕福なビリングス家の一人息子ジャックの送り迎えの仕事をしていた。そんなある日、事件は起こった。ジャックを連れて行った病院で、医師と謎の女性が、いきなり二人に発砲してきたのだ。危機一髪難を逃れた二人の元に、脅迫電話がかかってくる。子供の命が惜しければ指定した場所に連れてこいというものだった。車の外では冷酷な女殺し屋ローラが拳銃を構えていた。ローラの命令で辿り着いたのはボスのジャンニのアジトだった。ジャンニは謎の薬品をジャックに注射した。激しい怒りを感じながらも、なす術のないフランク。やがてジャックは無事帰ってきたが正体不明の熱に襲われ、両親も咳が止まらなくなる。そしてついにフランクが注射液の正体を調べ上げた。それは空気感染で広まる究極の殺人ウィルスだったのだ。ジャックの父は大統領も参加するという麻薬撲滅サミットに出席することになっていた。ジャンニの目的は、空気感染によって出席者と大統領を暗殺することだったのだ。ジャンニのアジトにある解毒剤を手に入れるべくフランクの戦いが始まる。

「トランスポーター2」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「トランスポーター2」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 フランス アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2006年6月3日
上映時間 88分
製作会社 ヨーロッパ・コープ
配給 アスミック・エース
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「トランスポーター2」のみんなのレビュー

「トランスポーター2」をTVで観る

  • 2021年1月21日放送|テレビ東京

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?


「トランスポーター2」を観ているあなたにおすすめの映画