ガーフィールド2

がーふぃーるどつー Garfield: A Tail of Two Kitties
上映日
2006年10月7日

製作国
アメリカ

上映時間
78分

ジャンル
コメディ ファミリー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。

「ガーフィールド2」のストーリー

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールド(声:ビル・マーレイ)。その飼い主のジョン・アーバックル(ブレッキン・メイヤー)は、恋人の獣医リズ(ジェニファー・ラヴ・ヒューイット)にプロポーズするため、イギリスに滞在中だ。ジョンを驚かせるため、ガーフィールドは相棒の犬オーディと共に大洋を渡りイギリスへ上陸する。ビッグベン、バッキンガム宮殿、スコットランドヤードなどを見学し、ミンスパイがガーフィールドの新しいお気に入り料理となった。人気ネコにふさわしい冒険として、ガーフィールドは、お城を相続したばかりの王族ネコの“プリンス”と接触し、立場を交換する。いまやお城はガーフィールドのものとなった。この広大な場所で、執事および、国際色豊かな四本足の召使いたちや追従者たちに取り巻かれながら、ガーフィールドは王族の扱いを受ける。しかし、この城の相続権を次に持つ人物であるダージス卿は、ガーフィールドを城から追い出したがっていた。

「ガーフィールド2」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ガーフィールド2」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ ファミリー
製作国 アメリカ
製作年 2006
公開年月日 2006年10月7日
上映時間 78分
製作会社 デイヴィス・エンタテインメント
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ガーフィールド2」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/13

アリー・シーディ(1962)

うちへ帰ろう

バラバラになっていた家族が、母の死期を間近に再び心を寄せ合う心温まるドラマ。監督はスティーヴン・メイラー。出演はデイヴィッドリー・ウィルソン、アリー・シーディほか。

ハイ・アート

駆け出しの写真誌編集者とドロップアウトした有名写真家のふたりの女性の関係をエモーショナルに描き出した異色ラヴ・ストーリー。監督・脚本は本作が初の長編劇映画となる新鋭のリサ・チョロデンコ。製作は「ジョンズ」のドリー・ホールと、ジェフリー・レヴィ=ヒント、スーザン・A・ストーヴァー。撮影は「2ガールズ」のタミー・レイカー。音楽はオルタナティヴ・ロック畑の新鋭で「ベルベット・ゴールドマイン」にも参加したシャダー・トゥ・シンク。音楽監修はトレイシー・マックナイト。美術はバーンハッド・ブライス。編集はエイミー・E・ダドルストン。衣裳はヴィクトリア・ファレル。スチール写真(ルーシーの写真)は監督の友人でもある写真家のジョジョ・ウィルデン。出演は 「オンリー・ザ・ロンリー」のアリー・シーディ、「ラヴ&カタストロフィー」のラダ・ミッチェル、「ジュマンジ」のパトリシア・クラークソン、「フラート」のビル・セイジほか。サンタンス映画祭98で脚本賞を受賞。
ティム・アレン(1953)

トイ・ストーリー4

おもちゃの視点で描くCGアニメの大ヒットシリーズ第4弾。新たな持ち主ボニーを見守るウッディたち。しかし、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキーは、自分をゴミだと思い、逃げ出してしまう。ウッディはフォーキーを探す冒険に出るが……。監督は、「インサイド・ヘッド」の脚本・原案を担当したジョシュ・クーリー。声の出演は、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のトム・ハンクス、「シュガー・ラッシュ オンライン」のティム・アレン、「トラブルINベガス」のアニー・ポッツ、「トランスフォーマー/最後の騎士王」のトニー・ヘイル。

レックスはお風呂の王様

「ファインディング・ニモ3D」の併映作となるディズニー/ピクサー製作の短編アニメーション。「トイ・ストーリー」シリーズに登場するどじな恐竜のオモチャ“レックス”がバスルームを舞台に仲間の玩具たちと繰り広げる活躍をコミカルに描く。

NEW今日命日の映画人 6/13

該当する人物がいません