007/カジノ・ロワイヤル(2006)

だぶるおーせぶんかじのろわいやる Casino Royale
上映日
2006年12月1日

製作国
アメリカ イギリス

上映時間
144分

ジャンル
アクション サスペンス・ミステリー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

若かりし日のジェームズ・ボンドが、美しい女パートナーと共に、テロリストへの資金援助組織とその背後の黒幕へと迫るスパイ・サスペンス。6代目ボンドに「ミュンヘン」のダニエル・クレイグ。共演は「ドリーマーズ」のエヴァ・グリーン。共同脚本に「ミリオンダラー・ベイビー」のポール・ハギス。監督は「007/ゴールデンアイ」のマーティン・キャンベル。

「007/カジノ・ロワイヤル(2006)」のストーリー

英国の諜報機関MI6の殺しのライセンスを得た若きジェームズ・ボンドは、テロリストへの資金供給ネットワークを捜査していた。捜査線上に浮かんだのはテロ組織の資金運用をするファウンダー=ル・シッフル。彼は株価操作の為に企業への破壊工作を計画していたが、ボンドの妨害によって失敗し、1億ドル以上の損失を被った。テロ組織から資金の返還を迫られるル・シッフル。MI6は、ル・シッフルが損失挽回の為にカジノ・ロワイヤルでのポーカー勝負に乗り出したという情報を得た。彼が勝てば最大1億5000万ドルがテロリストの手に渡ってしまう。それを阻止すべくボンドがポーカー勝負に派遣される。ボンドのパートナーとして財務省から派遣されたヴェスパー。彼女は、他人をあてにせず思い上がりの強いボンドの性格を見抜き、軽蔑の言葉を浴びせる。ル・シッフルとのポーカー勝負に臨むボンド。しかし巧みに仕掛けられたブラフに引っかかり大敗を喫してしまった。傲慢さ故に負けたのだとボンドを叱咤するヴェスパー。再び勝負に望もうとするボンド。ル・シッフルに毒を盛られてしまうが、窮地をヴェスパーに助けられ九死に一生を得た。生還したボンドは最後の大勝負で勝ちをおさめ、ル・シッフルを破産させる事に成功した。自分の力ではなく、ヴェスパーのおかげで勝負に勝てたのだと悟ったボンドは、彼女に惹かれ始めていた。逢瀬を重ねる2人。ル・シッフルから勝ち取った1億5000万ドルを財務省に送金したヴェスパーとボンド。2人はMI6を辞めて新たな生活を始めようと約束する。ボンドの誠実さを知り強く惹かれるヴェスパーだが、ボンドの前から突如姿をくらませた。ボンドにMI6から連絡が入る。財務省に送金されたはずの勝ち金はヴェスパーによって横領されていた。ヴェスパーを追跡するボンド。彼女はル・シッフルを雇っていたテロリストグループと接触していた。ボンドは銃撃戦の末にヴェスパーを奪還するが、彼女はボンドに許しを請いつつも自分を責め、自殺してしまった。彼女はテロ組織に恋人を人質にとられ、脅迫されていたのだった。彼女の遺品を引き取ったボンドは、携帯電話に残されていた通話記録からヴェスパーを脅迫していた黒幕を探り当て、復讐を果たす。

「007/カジノ・ロワイヤル(2006)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「007/カジノ・ロワイヤル(2006)」のスペック

基本情報
ジャンル アクション サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ イギリス
製作年 2006
公開年月日 2006年12月1日
上映時間 144分
製作会社 表記なし
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト http://www.sonypictures.jp/movies/casinoroyale/

「007/カジノ・ロワイヤル(2006)」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/3

ダリル・ハンナ(1960)

ブレードランナー ファイナル・カット

近未来のロサンゼルスを舞台に殺人を犯し逃亡するレプリカントとそれを追う捜査官を描いたSF大作「ブレードランナー」の製作25周年を記念し、リドリー・スコット監督が自身の手で2度目の再編集を行った作品。出演は「スター・ウォーズ」「ファイヤー・ウォール」のハリソン・フォード、「ナイト・ホークス」「バットマン ビギンス」のルドガー・ハウアー、「アパッチ」のショーン・ヤングほか。

娼婦たち

世界最古の職業、「娼婦」の実態を、彼女たちへのインタビューやプライベート映像、ドラマなどで構成した作品。スペインでベストセラーとなったイザベル・ピサノの小説『YO PUTA』をベースに、女性監督ルナが映像化した。出演はダリル・ハンナ、デニース・リチャーズ。
ジュリアン・ムーア(1960)

ベル・カント とらわれのアリア

在ペルー日本大使公邸占拠事件から着想を得たアン・パチェットの小説を、「アバウト・ア・ボーイ」のポール・ワイツ監督が映画化。オペラ歌手のコンサートを催す南米某国副大統領邸をテロリストが占拠。やがてテロリストと人質との間に思わぬ交流が生まれる。高名故に人質として捕らわれる世界的オペラ歌手ロクサーヌ・コスを「アリスのままで」でアカデミー賞主演女優賞を獲得したジュリアン・ムーアが、実業家のホソカワを「GODZILLA ゴジラ」シリーズの渡辺謙が、通訳のゲンを「自由が丘で」の加瀬亮が演じる。また、グラミー賞を受賞したオペラ界のスター歌手ルネ・フレミングが歌の吹替を担当している。

サバービコン 仮面を被った街

ジョージ・クルーニーが監督を務め、コーエン兄弟の脚本を映画化。新興住宅街サバービコン。ロッジ家に強盗が侵入したことを機に、幼い息子ニッキーの運命は思わぬ方向へと突き進む。一方、新たな住人となった黒人家族の存在が、街の暗い一面を焙り出す……。出演は「ダウンサイズ」のマット・デイモン、「キングスマン:ゴールデン・サークル」のジュリアン・ムーア、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のオスカー・アイザック。

NEW今日命日の映画人 12/3

該当する人物がいません