さよならミス・ワイコフ

さよならみすわいこふ
上映日
1979年10月27日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

アメリカ中西部の保守的なある町を舞台に、35歳にしてすでに更年期を迎えた一人の女性教師の苦悩と旅立ちを描く。製作はレイモンド・ストロス、監督はTVムービー「ホロコースト」のマービン・チョムスキー。ウィリアム・インジの原作を基にポリー・プラットが脚色。撮影はアレックス・フィリップス・ジュニア、音楽はアーネスト・ゴールドが各々担当。出演はアン・ヘイウッド、ロバート・ボーン、ドナルド・ブレザンス、アール・ホリマン、ジョン・ラファイエット、ダナ・エルカー、キョロリン・ジョーンズ、ドロシー・マローン、ロニー・ブレイクリーなど。

「さよならミス・ワイコフ」のストーリー

イブリン・ワイコフ(アン・ヘイウッド)は、カンザス州フリーダムの高校で、ラテン語の教師をしていた。彼女の楽しみはせいぜい同僚のベス(キャロリン・ジョーンズ)らと催すささやかなパーティーで、雑談したりすることぐらいだった。そんな彼女を時々原因不明の変調が襲った。授業中喚きたくなったり、みんなが退屈しきっているピアノの演奏会で涙を流したり、気分はふさぎがちになり、下宿に閉じこもることが多かった。ベスらに進められて、ワイコフは、しぶしぶニール医師(ロバート・ボーン)の元に診断を受けにいった。彼は、学生時代に、ワイコフが秘かに憧れていた男性だ。ワイコフは彼の口から屈辱的な宣告を聞かなくてはならなかった。35歳にして彼女はまだ処女であり、この不安定な精神は、更年期障害からきていると……。ニール医師の紹介で、ワイコフは精神医科シュタイナー(ドナルド・プレゼンス)を訪れた。シュタイナーは、幼い頃、目にした両親の不和が、彼女のセックスへの恐怖につながったのではないか、という見解を下した。そんな頃、彼女は、運転手のエド(アール・ホリマン)と知り合いになるが、彼には妻子がいることを知り、誘惑を拒否した。ある放課後、ワイコフが、教室に居残って採点していると、臨時用職員のレイフ(ジョン・ラファイエット)が掃除しにやってきた。彼はフットボールの花形選手で、アルバイトで高校に来ている黒人の短大生だ。性格は尊大で嫌われ者だった。彼は、ワイコフの前に立ちはだかり、作業服のジッパーを下ろした。うろたえたワイコフはその場を去ったが、校長にはそのことを報告しなかった。翌日、又も居残っているワイコフを見て、レイフはドアに鍵をかけ、彼女を机に押さえつけて犯した。こうしてレイフとの密会が始まった。ワイコフは初めての男に翻弄されるがままだった。ある夕方、教室からワイコフの悲鳴を聞いてかけつけたアルバイト用務員が、そこでおぞましい現場を目撃した。レイフをまたがらせたワイコフが胸にスティームを押しあてられて叫んでいたのだ。うわさは全校に広まり、ワイコフは職を追われた。死ぬつもりで睡眠薬を手に部屋に入った彼女は、しかし、それをバラバラと壁に投げつけ、トランクをもって階下に降りタクシーを呼んだ。今はつめたいかつての友人ベスと会ったワイコフは「恥ずかしいとは思っていない」と言い、タクシーに乗るのだった。

「さよならミス・ワイコフ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「さよならミス・ワイコフ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1978
公開年月日 1979年10月27日
製作会社 レイモンド・ストロス・プロ作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「さよならミス・ワイコフ」のみんなのレビュー

「さよならミス・ワイコフ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?