• 映画DB トップ
  • 劇場版 ツバサ・クロニクル(年代紀) 鳥カゴの国の姫君

劇場版 ツバサ・クロニクル(年代紀) 鳥カゴの国の姫君

げきじょうばんつばさくろにくるとりかごのくにのひめぎみ
上映日
2005年8月20日

製作国
日本

上映時間
34分

ジャンル
ファンタジー

ここが見どころ

失われた姫君の記憶を取り戻すべく、異世界を旅する青年戦士たちの活躍を描いたファンタジー中篇アニメーション。監督は『L/R』の川崎逸朗。結成15周年を迎えた、いがらし寒月、大川緋芭、猫井椿、もこなの女性4人からなる漫画創作グループ “CLAMP”による原作コミック『ツバサ|RESERVoir CHRoNiCLE|』を下敷きに、後藤みどりと藤咲淳一、川崎監督が共同で脚本を執筆。撮影監督に「DEAD. LEAVES.」の佐久間未希があたっている。ヴォイス・キャストの主演に、「千と千尋の神隠し」の入野自由と声優初出演となる歌手の牧野由依。尚、本作は「劇場版 ×××HOLiC 真夏ノ夜ノ夢」と2本立公開された。

「劇場版 ツバサ・クロニクル(年代紀) 鳥カゴの国の姫君」のストーリー

異世界へと飛散した“クロウ国”の姫君で幼なじみのサクラの記憶の羽根を取り戻す為、 “次元の魔女・侑子”に、 “サクラから自分の記憶を抹消する”と言う辛い対価と引き換えに、異世界を移動する力を持つ不思議な生き物・モコナを与えられた小狼。仲間である黒鋼、ファイたちと共に、記憶の羽根を求めて旅を続ける彼らが次にやって来たのは、不思議な力を手に入れた国王によって圧政の敷かれた“鳥の国”だった。鳥の国を闇に包んで完全に我が物にせんと、姪である知世姫の持つ力を利用し陰謀を企む国王。しかし、小狼らの活躍で国王の野望は粉砕され、鳥の国は平和を取り戻すのであった。

「劇場版 ツバサ・クロニクル(年代紀) 鳥カゴの国の姫君」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「劇場版 ツバサ・クロニクル(年代紀) 鳥カゴの国の姫君」のスペック

基本情報
ジャンル ファンタジー
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2005年8月20日
上映時間 34分
製作会社 「劇場版 ツバサ・クロニクル 鳥カゴの国の姫君」製作委員会(松竹=講談社=プロダクションI.G=日本出版販売=ムービック=電通=NHKエンタープライズ=パイロテクニスト)
配給 松竹
レイティング

「劇場版 ツバサ・クロニクル(年代紀) 鳥カゴの国の姫君」のみんなのレビュー

「劇場版 ツバサ・クロニクル(年代紀) 鳥カゴの国の姫君」のレビューを書く

「劇場版 ツバサ・クロニクル(年代紀) 鳥カゴの国の姫君」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/23

ジェイミー・キング(1979)

大脱出3

シルヴェスター・スタローン主演のアクション第3弾。秘密監獄・悪魔砦から、何者かに誘拐された社長令嬢救出の依頼を受けた脱獄のプロ、レイ・ブレスリンは、仲間と共に行動を開始。ところが、レイのパートナー、アビゲイルが悪魔砦に拉致されてしまう。共演は「アベンジャーズ/エンドゲーム」のデイヴ・バウティスタ、「パシフィック・リム:アップライジング」のマックス・チャン。メガホンを取ったのは、「ボビーZ」のジョン・ハーツフェルド。

大脱出2

シルヴェスター・スタローン扮する脱獄のプロが難攻不落の監獄に挑むアクション第2弾。警備会社を設立し後進育成に励むブレスリンだったが、スタッフが行方不明に。コンピューター制御された監獄ハデスに囚われた仲間を救うため、自ら収監され脱獄を試みる。監督は「マローダーズ/襲撃者」のスティーヴン・C・ミラー。元WWEチャンピオンであるデイヴ・バウティスタが新たにスタローンの相棒を務め、前作に続きカーティス・“50セント”・ジャクソンが出演するほか、「イップ・マン 葉問」のホァン・シャオミン、「シン・シティ」シリーズのジェイミー・キングらが新規参戦。
阿部サダヲ(1970)

MOTHER マザー(2020)

大森立嗣が、実在の殺人事件に着想を得て作り上げたドラマ。男たちとゆきずりの関係を持ち、その場しのぎの生活を送るシングルマザーの秋子。そんな母の歪んだ愛に、必死に応えようとする息子・周平。やがて身内からも絶縁された母子は、社会から孤立し……。出演は「コンフィデンスマンJP」の長澤まさみ、「彼女がその名を知らない鳥たち」の阿部サダヲ、オーディションで抜擢され、本作が映画初出演となる奥平大兼。「新聞記者」の河村光庸がプロデューサーを務める。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。