サハラ(1983)

さはら
上映日
1984年3月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

アフリカのサハラ砂漠で行なわれたラリーに参加した美少女とアフリカの若い部族の長の恋と冒険の物語。製作はキャノン・グループを主宰するメナヘム・ゴーランとヨーラム・グローバス。エグゼキュティヴ・プロデューサーは、主演者ブルック・シールズの母親テリー・シールズ。監督は「ワイルド・ギース」のアンドリュー・V・マクラグレン。英首相の息子マーク・サッチャーがサハラ砂漠で失踪した事件にヒントを得てゴランがストーリーを考えてジェームズ・R・シルクが脚本を執筆。撮影はデイヴィッド・ガーフィンケル、音楽はエンニオ・モリコーネが担当。出演はブルック・シールズの他に、ランベール・ウィルソン、ホルスト・ブッフホルツ、ジョン・リス・デイヴィスなど。日本版字幕は野中重雄。メトロカラー、シネスコサイズ。1983年作品。

「サハラ(1983)」のストーリー

1927年、デトロイト。テストコースを疾走するパッカード。運転するのは17歳の美少女デール(ブルック・シールズ)だ。その夜、父ゴードン(スティーヴン・フォーレスト)が交通事故で死亡した。融資者はゴードンの設計したパッカードの優秀さを認めながらも、悪路での走行性に疑問を投げ掛けた。かくなる上は、サハラ国際ラリーに優勝して証明しようと、デールは決意する。だが、出場者は男性に限られていた。そこでデールは男装し髪を帽子の中にたくし込んで参加する。デールとメカニックのアンディ、ストリングの乗ったパッカードは、砂漠横断の最短コースを取る。ここは最近シャンブラ族とハマンチャ族の抗争が続いている危険地帯だった。デールたちはシャンブル族の族長の1人ラズール(ジョン・リス=デイヴィス)につかまり、犯されそうになリテントに火を放って逃亡。砂漠で倒れている彼女をラズールの甥で一族の長であるジャファール(ランベール・ウィルソン)が救出する。その頃、メルセデスに乗ったドイツ.チームのフォン・グレッシング(ホルスト・ブッフホルツ)は、ハマンチャ族の長ベッグにマシンガン付きメルセデスを売りつけていた。ジャファールはデールに恋し、2人は砂漠にある小さな滝で接吻を交わす。一族にとらえられている英国人のケンブリッジがデールに、ジャファールが結婚を望んでいることを告げる。ラズールは彼女を悪魔と決めつけ、甥の心を彼女から引き離そうとする。そこヘハマンチャ族が襲撃して来た。マシンガン付きメルセデスのおかげでたじたじという時、デールがダイナマイトでメルセデスを爆破してハマンチャ族を撃退。その夜、一族の伝統的な花嫁衣裳を着たデールは、ジャファールと結婚し、初夜を迎えた。翌朝、皆が昨日の宴で眠り込んでいるすきに、テントを抜け出し、パッカードに乗り込み、再びレースに参加。だが今度はハマンチャ族に捕えられ豹のいる牢に入れられる。シャンブラ族が押し寄せ、ジャファールがデールを救出する。この戦闘でラズールは負傷し、死の直前にジャファールに「砂漠を捨てるな」と言い残して死亡。またレースにもどったデールはフォン・グレッシングとデッド・ヒートの末に優勝する。デールは喝采する人々のもとを去り、ジャファールのところへ急ぐのだった。

「サハラ(1983)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「サハラ(1983)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1984年3月10日
製作会社 ゴラン=グローバス・プロ作品
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「サハラ(1983)」のみんなのレビュー

「サハラ(1983)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません