サハラ(1983)

さはら
上映日
1984年3月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

アフリカのサハラ砂漠で行なわれたラリーに参加した美少女とアフリカの若い部族の長の恋と冒険の物語。製作はキャノン・グループを主宰するメナヘム・ゴーランとヨーラム・グローバス。エグゼキュティヴ・プロデューサーは、主演者ブルック・シールズの母親テリー・シールズ。監督は「ワイルド・ギース」のアンドリュー・V・マクラグレン。英首相の息子マーク・サッチャーがサハラ砂漠で失踪した事件にヒントを得てゴランがストーリーを考えてジェームズ・R・シルクが脚本を執筆。撮影はデイヴィッド・ガーフィンケル、音楽はエンニオ・モリコーネが担当。出演はブルック・シールズの他に、ランベール・ウィルソン、ホルスト・ブッフホルツ、ジョン・リス・デイヴィスなど。日本版字幕は野中重雄。メトロカラー、シネスコサイズ。1983年作品。

「サハラ(1983)」のストーリー

1927年、デトロイト。テストコースを疾走するパッカード。運転するのは17歳の美少女デール(ブルック・シールズ)だ。その夜、父ゴードン(スティーヴン・フォーレスト)が交通事故で死亡した。融資者はゴードンの設計したパッカードの優秀さを認めながらも、悪路での走行性に疑問を投げ掛けた。かくなる上は、サハラ国際ラリーに優勝して証明しようと、デールは決意する。だが、出場者は男性に限られていた。そこでデールは男装し髪を帽子の中にたくし込んで参加する。デールとメカニックのアンディ、ストリングの乗ったパッカードは、砂漠横断の最短コースを取る。ここは最近シャンブラ族とハマンチャ族の抗争が続いている危険地帯だった。デールたちはシャンブル族の族長の1人ラズール(ジョン・リス=デイヴィス)につかまり、犯されそうになリテントに火を放って逃亡。砂漠で倒れている彼女をラズールの甥で一族の長であるジャファール(ランベール・ウィルソン)が救出する。その頃、メルセデスに乗ったドイツ.チームのフォン・グレッシング(ホルスト・ブッフホルツ)は、ハマンチャ族の長ベッグにマシンガン付きメルセデスを売りつけていた。ジャファールはデールに恋し、2人は砂漠にある小さな滝で接吻を交わす。一族にとらえられている英国人のケンブリッジがデールに、ジャファールが結婚を望んでいることを告げる。ラズールは彼女を悪魔と決めつけ、甥の心を彼女から引き離そうとする。そこヘハマンチャ族が襲撃して来た。マシンガン付きメルセデスのおかげでたじたじという時、デールがダイナマイトでメルセデスを爆破してハマンチャ族を撃退。その夜、一族の伝統的な花嫁衣裳を着たデールは、ジャファールと結婚し、初夜を迎えた。翌朝、皆が昨日の宴で眠り込んでいるすきに、テントを抜け出し、パッカードに乗り込み、再びレースに参加。だが今度はハマンチャ族に捕えられ豹のいる牢に入れられる。シャンブラ族が押し寄せ、ジャファールがデールを救出する。この戦闘でラズールは負傷し、死の直前にジャファールに「砂漠を捨てるな」と言い残して死亡。またレースにもどったデールはフォン・グレッシングとデッド・ヒートの末に優勝する。デールは喝采する人々のもとを去り、ジャファールのところへ急ぐのだった。

「サハラ(1983)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「サハラ(1983)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1984年3月10日
製作会社 ゴラン=グローバス・プロ作品
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「サハラ(1983)」のみんなのレビュー

「サハラ(1983)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません