サウンダー

さうんだー
上映日
1973年9月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

1930年代のアメリカの不況時代、貧しい黒人一家が歩んだ苦難の道を通して人間愛を描く。製作はロバート・B・ラドニッツ、監督は「ボクサー」のマーティン・リット、ウィリアム・H・アームストロングの同名小説から、黒人作家のロン・エルダーが脚本、撮影はジョン・A・アロンゾ、音楽はタジ・マハール、編集はシド・レヴィンが各々担当。出演はシシリー・タイソン、ポール・ウィンフィールド、ケヴィン・フックス、カーメン・マシューズ、タジ・マハール、ジェームズ・ベスト、イヴォンヌ・ジャレル、エリック・フックス、シルビア・クーンバ・ウィリアムス、ジャネット・マクラクラン、テディ・エアハート、トマス・N・フィリップスなど。

「サウンダー」のストーリー

1930年代のアメリカ南部。不況の波がおしよせ産業は沈滞し、農村は疲弊していた。黒人の小作人ネイサン・モーガン(ポール・ウィンフィールド)は、妻レベッカ(シシリー・タイソン)、長男デビッド(ケヴィン・フックス)、次男アール(エリック・フックス)、長女ジョージー(イヴォンヌ・ジャレル)それに雑種の愛犬サルンダーと共に貧しい生活を送っていた。砂糖キビ栽培と黒糖作り、レベッカは白人のバートライト夫人(カーメン・マシューズ)から洗濯物を引き受けて生活のたしにしていた。一家の食料はネイサンが猟で得る獲物に頼る事が多かった。ある日、サウンダーが追いつめたアライグマをネイサンが射ち損じたために、晩の食事がぬきになったが、翌朝子供たちが眼を覚ますと食卓には肉が用意されていた。レベッカは不審に思い理由をたずねたが、彼ははっきり答えなかった。次の日の午後おそく、レベッカは子供たちを連れてネイサンが野球の試合に出るのを見物に行った。ネイサンは名投手で、彼が率いるチームは勝った。野球が終わると一家は親友アイク(タジ・マハール)と一緒に帰路についた。アイクは芸人はだしのブルース歌手で、ギターを弾きながら、皆を楽しませた。家に着くと、ヤング保安官(ジェームズ・ベスト)がやってきて、ネイサンを、薫製工場から肉を盗み出した疑いで逮捕した。この時サウンダーがネイサンの後を追い、保安官に射たれて重傷を負ったまま姿をかくしてしまった。ネイサンはやがて裁判にかけられ、有罪と決まり重労働による1年の刑に処せられる事になった。幾日かたって、自分で傷を治したサウンダーが帰ってきた。デビッドは、父に会うためにボートライト夫人の助けを得て保安官事務所をたずねたが、ヤング保安官は規則を楯に教えてくれない。だが、保安官がちょっと席を外した間にファイルを調べ、ネイサンがノーラン町に近いウィッシュボーン労刑キャンプに収容されている事を知った。長い旅を続けた後、デビッドとサウンダーはキャンプにたどり着いたが、会わせてはもらえなかった。途方にくれるデビッドを、黒人だけの学校の女教師カミール・ジョンソン(ジャネット・マクラクラン)が優しく迎えた。その後、デビッドは、有名な黒人の伝記や著書をカミールに教えてもらい、ある種の感動に襲われた。翌日、サウンダーと共に帰路についたデビッドはカミール先生から学校に来るように勧められた事を話した。歳月が流れ、突然ネイサンが家に帰ってきた。石切り場で働いていた時、ダイナマイトで負傷したため満期にならないうちに放免されたのだ。デビッドは、父親が不自由な体で戻ってきた時、入学をあきらめていたが、事情を知ったネイサンは快くそれを許可した。それから1週間後、デビッドは、母、弟妹、サウンダーに別れを告げて、父親と馬車に乗って旅立った。

「サウンダー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「サウンダー」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1972
公開年月日 1973年9月22日
製作会社 ラドニッツ/マテル・プロ作品
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「サウンダー」のみんなのレビュー

「サウンダー」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません