最后の接吻

さいごのせっぷん
上映日
1958年7月15日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争

ここが見どころ

フランク・シナトラの独立プロ第1回作品。第二次大戦中のフランス戦線における、アメリカ軍将校と下士官の、黒人混血娘をめぐる葛藤のドラマで、監督は「カウボーイ」のデルマー・デイヴス。デイヴィッド・ブラウンの原作を「雨のランチプール」のマール・ミラーが脚色し、撮影は「ふんだりけったり」のダニエル・L・ファップ。音楽は「十戒(1957)」のエルマー・バーンスタインが担当している。フランスのコート・ダジュールにロケが行なわれた。主演は「抱擁」のシナトラに、「成功の甘き香り」のトニー・カーティス、「初恋(1958)」のナタリー・ウッド。他にレオラ・ダナ、カール・スウェンソン等が助演する。製作フランク・ロス。

「最后の接吻」のストーリー

1944年の夏、フランス北部戦線では連合軍はパリを奪回していたが、南部戦線のアメリカ第7軍は、南アルプスの要害にたてこもる独軍に行手を阻まれていた。サム・ロギンス(フランク・シナトラ)の小隊はその最前線にいた。彼は頑丈な身体の独立独行の男だった。待ちに待った本国からの援軍が到着し、その中にブリット・ハリス(トニー・カーティス)という豊かな旧家生れの要領のいい若者がいて、サムの隊に配属された。貧乏な育ちで、風采の上がらぬサムには、彼がどうしても好きにはなれなかった。しかしブリットは、向こうみずの勇敢さを示して、サムにビールを奢る約束をさせたりもするのだった。休暇のある日、仲間と離れて、1人漁村に散歩に出かけたサムは、そこでフランス生れのアメリカ人だという娘モニク・ブレア(ナタリー・ウッド)に会った。何度も会ううちに、彼はモニクに恋した。しかし、モニクは亡き父が黒人だったことを打明け、彼を驚かせた。けれども、やはりサムには彼女を思い切ることは出来なかった。ある日、ジャズの好きなモニクをつれてカフェに入ったサムは、そこでトランペットを吹いていたブリットに会った。その時から、モニクの心はブリットに移ったのである。彼女の父のことを話してもブリットは平気だった。そして、彼はモニクと結婚するといって結婚願をサムの目の前で書いてみせた。ところが、この書類が正式に提出されていないことを知ったサムが、モニクの面前でブリットを訪問した時、彼の答えは、モニクの黒人の血に対する軽蔑の言葉だった。失神したモニクを前に、サムはブリットを殺してやると自身に誓った。ドイツ軍の攻撃は激しさを加え、米軍は誰か味方を秘かに独軍陣地に潜入させ、布陣を調査して、こちらよりの砲撃を誘導させるという作戦を立てて、サムとブリットがこれに選ばれた。2人は互いに、相手に殺気を感じながら敵陣に入っていった。作戦は成功した。しかしブリットは狙撃兵に射殺され、サムも捨て身の作戦によって片腕を失った。戦後の数か月をパリに過ごした傷心のサムは、帰国手続きのため、モニクの村を訪ねた。母を失った彼女は、孤児のための学校を開いていた。サムの心に、孤児たちの歌う“巴里の空の下セーヌは流れる”の調べが、不思議な感動を呼びおこしていった。

「最后の接吻」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「最后の接吻」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1958
公開年月日 1958年7月15日
製作会社 イートン・プロ映画
配給 ユナイテッド・アーチスツ=松竹
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「最后の接吻」のみんなのレビュー

「最后の接吻」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。