豪雨の一夜

ごううのいちや
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ヘンリー・アーサー・ジョーンズとウィルスン・バーレット合作の舞台劇に基づきチャールズ・ケニヨンが脚色し、ジョン・フォードが監督したもの。主役は「海底の大宮殿」「村の鍛冶屋」出演のデイヴィッド・バトラーで対手役には「飴売娘」等出演のグラディス・ヒューレット、「紐育の不夜城」等出演のマーク・マクダーモット等が出演する。

「豪雨の一夜」のストーリー

放浪者ジョン・リンデンはフリーポートという漁村で妻をめとり子供まで儲けたがジェシー・ウォルトンという美しい女に迷い妻子を捨ててジェシーと共に他の町へ去った。彼の妻は悲しみに死し子供のナンシーは弁護士マーク・レザードに養育される。リンデンは程なくジェシーをも捨てた。ジェシーの子供は彼が去った後に生れる。20年は過ぎた。ナンシーは船乗りジャックの妻として幸福な日を送っていた。リンデンは弁護士のもとへ欠かさず彼女の養育料を送って来ていたが、弁護士はその金を得る為に悪計を廻らす。ジェシー・ウォルトンの娘ジュシーが酒場の女ジェシーなる事を知りかつ彼女とナンシーが瓜二つなのを見て、ナンシーの夫ジャックをして妻を疑わしめるように巧妙な計略を廻らせた。そのためジャックは妻を疑い、ジェシーの情夫なる拳闘家ブラウンと大格闘をした末ナンシーを家から放逐した。それは大暴風雨の夜であった。リンデンが我が子ナンシーに会いたさにこの町へ帰って来たが弁護士の悪策はますます辛辣を加えて再びナンシーとジェシーを替玉に使ってリンデンの財産を我が手に収めようとする。しかしジャックがナンシーに対する深い愛はこの虚偽のすべてを征服して、難破した船上よりジェシーも救われ、ナンシーは再び彼の腕に抱かれる。

「豪雨の一夜」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「豪雨の一夜」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1923
製作会社 フォックス特作映画
配給 フォックス支社
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「豪雨の一夜」のみんなのレビュー

「豪雨の一夜」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/2

ダニエル・クレイグ(1968)

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソンのもと豪華キャストが集結したミステリー。富豪作家のハーランが誕生会の翌日、遺体となって発見された。屋敷にいた全員に容疑がかかる中、匿名の人物から依頼を受けた名探偵ブノワは真相を探る。謎に迫る探偵ブノワ・ブランを「007」シリーズのダニエル・クレイグが、一族の問題児ランサム・ドライズデールを「キャプテン・アメリカ」シリーズのクリス・エヴァンスが演じるなど、オールスターキャストで事件の謎を描いていく。第77回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門作品賞・主演男優賞(ダニエル・クレイグ)・主演女優賞(アナ・デ・アルマス)ノミネート。

マイ・サンシャイン

ロサンゼルス暴動に巻き込まれた家族を描くドラマ。1992年、LAサウスセントラル。家族と暮らせない子どもたちを育てているミリーと、彼女たちを見守る隣人オビー。ある日、黒人が犠牲になった事件に対し不当な判決が出たことから、LAで暴動が始まる。監督は、「裸足の季節」のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。出演は、「チョコレート」のハル・ベリー、「007」シリーズのダニエル・クレイグ。

「豪雨の一夜」を観ているあなたにおすすめの映画