豪雨の一夜

ごううのいちや
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ヘンリー・アーサー・ジョーンズとウィルスン・バーレット合作の舞台劇に基づきチャールズ・ケニヨンが脚色し、ジョン・フォードが監督したもの。主役は「海底の大宮殿」「村の鍛冶屋」出演のデイヴィッド・バトラーで対手役には「飴売娘」等出演のグラディス・ヒューレット、「紐育の不夜城」等出演のマーク・マクダーモット等が出演する。

「豪雨の一夜」のストーリー

放浪者ジョン・リンデンはフリーポートという漁村で妻をめとり子供まで儲けたがジェシー・ウォルトンという美しい女に迷い妻子を捨ててジェシーと共に他の町へ去った。彼の妻は悲しみに死し子供のナンシーは弁護士マーク・レザードに養育される。リンデンは程なくジェシーをも捨てた。ジェシーの子供は彼が去った後に生れる。20年は過ぎた。ナンシーは船乗りジャックの妻として幸福な日を送っていた。リンデンは弁護士のもとへ欠かさず彼女の養育料を送って来ていたが、弁護士はその金を得る為に悪計を廻らす。ジェシー・ウォルトンの娘ジュシーが酒場の女ジェシーなる事を知りかつ彼女とナンシーが瓜二つなのを見て、ナンシーの夫ジャックをして妻を疑わしめるように巧妙な計略を廻らせた。そのためジャックは妻を疑い、ジェシーの情夫なる拳闘家ブラウンと大格闘をした末ナンシーを家から放逐した。それは大暴風雨の夜であった。リンデンが我が子ナンシーに会いたさにこの町へ帰って来たが弁護士の悪策はますます辛辣を加えて再びナンシーとジェシーを替玉に使ってリンデンの財産を我が手に収めようとする。しかしジャックがナンシーに対する深い愛はこの虚偽のすべてを征服して、難破した船上よりジェシーも救われ、ナンシーは再び彼の腕に抱かれる。

「豪雨の一夜」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「豪雨の一夜」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1923
製作会社 フォックス特作映画
配給 フォックス支社
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「豪雨の一夜」のみんなのレビュー

「豪雨の一夜」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「豪雨の一夜」を観ているあなたにおすすめの映画