今日の男性

こんにちのだんせい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「餓ゆるアメリカ」「異人種の争闘」のリチャード・バーセルメスが主演する映画で、ルイ・ブロスフィールドの原作を「真夜中の処女」「紅唇罪あり」と同じくジーン・マーキーとカスリン・スコラが共同脚色し、「ドン・キホーテ」「三文オペラ」のG・W・パプストが渡米第1回作品として監督にあたり、「流行の王様」「ケンネル殺人事件」のウィリアム・リースが撮影した。助演者は「世界は還る」のジーン・ミューア、「女性暴君」のマージョリー・ランボー、「流行の王様」のヴェリー・ティーズデール及びドロシー・バージェス、「彼の第六感」のホバート・カヴァナ、「青い部屋」のウィリアム・ジャニー、「紅唇罪あり」のアーサー・ホール、「流れる青空」のJ・M・ケリガン、「暴風の処女」のフローレンス・エルドリッジ等である。

「今日の男性」のストーリー

母親と共に田舎まわりをしているサーカス芸人のピエール・ラディエはペントランドという町で興行中ジョアナ・ライアンという娘と恋に落ち、その娘と一緒にならうと思うが、ピエールの母親は素人娘がサーカス芸人の妻になれば不幸だと言って反対する。それから数ヶ月後、ジョアナの父親ライアンがピエールを訪ねて彼女が妊娠したことを告げる。その帰途ライアンは泥酔していて汽車轢かれるので、ピエールは死体をペントランドのジョアナの家に届け彼女に結婚を申し込むが、彼女は彼の生活に適しないからと言って断り、かつ自分を愛している他の男と結婚するつもりだと話す。ピエールはサーカスから足を洗おうと自分を贔負にしてくれる金持ちの後家さんリア・エルンストから資本を借りてサーカス仲間で発明の才のあるミュラーと一緒に自転車屋を始める。この商売が巧く当たったのでホーマー・フリントとイウ男も金主になり、事業を拡張し、ミュラーの完成した発明によってペントランドに自動車製造工場を経営する。そしてピエールはジョアナの生んだ自分の息子に会い、その子にひどく心を惹かれる。その子が成長するとピエールはジョアナを説きつけて子供を都会の学校へ入学させる。ピエールはフリントンの娘ヘーズルと結婚したがやがてベンストン夫人という金持ちの女と親しくなる。その中に欧州大戦が勃発すると彼は軍需品の製造を始めて巨利を博するが、ある山師に騙され、全財産を投げ出して反古同様の株を買わされ、相手の男に逃げられてしまう。しかも同じ日に彼の息子は彼が買い与えた自動車の椿事で惨死する。ピエールの留守にコッソリ彼の机の引き出しを盗み見たヘーゼルは彼に隠し子のあることを知って騒ぎ立てるが、彼は彼女とも縁を切ってしまう。そして無一文になり失望落胆の極彼は悄然として今ではサーカスをやめて運命判断を商売にしている母のもとへ帰ると母は彼がそうなって戻って来ることは始めから解かっていたといい、2人で新規巻直しをしようと彼を慰め励ますので彼も今更ながら母の勝ち気に敬服する。

「今日の男性」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「今日の男性」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1934
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
レイティング

「今日の男性」のみんなのレビュー

「今日の男性」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません