コンドル(1975)

こんどる
上映日
1975年11月29日

製作国
アメリカ

上映時間
112分

ジャンル
サスペンス・ミステリー ドラマ

ここが見どころ

巨大な情報組織CIA(アメリカ中央情報局)の末端組織が何者かに潰滅させられたことから起こるスパイ同志の暗躍戦を描く。製作はスタンリー・シュナイダー。監督は「ザ・ヤクザ」のシドニー・ポラック、ジェームズ・グレーディの小説「コンドルの六日間」をロレンゾ・センプル・ジュニアとデイヴィッド・レイフィールが脚本化、撮影はオーウェン・ロイズマン、音楽はデーヴ・グルーシンが各々担当。出演はロバート・レッドフォード、フェイ・ダナウェイ、クリフ・ロバートソン、マックス・フォン・シドー、ジョン・ハウスマン、アディソン・パウェル、マイケル・ケインなど。日本語版監修は清水俊二。イーストマンカラー、シネマスコープ。1975年作品。

「コンドル(1975)」のストーリー

クリスマス・シーズンで賑わうニューヨーク。いつも朝のようにターナー(ロバー ト・レッド・フォード)は、いつものように愛車のオートバイを駆ってアメリカ文学史協会に出社した。このアメリカ文学史協会とは、実はCIA(アメリカ中央情報局)の下部組織で、情報部17課第9班の名称を持つ末端の秘密情報機関なのであった。CIA情報部員としてのターナーの任務は、別名“読み屋”と呼ばれ、ラップ博士ら8名のスタッフと共に世界中から収集されたミステリー関係の小説・雑誌類を解読し、コンピューターに入れることであった。昼食後、ターナーはスタッフの昼食の買出しのためにこっそり出ていった。午前11時30分、突然アメリカ文学史協会に3人の男が乱入し、マシン・ガンでスタッフを皆殺しにした。ターナーが戻ったときは、同僚の残惨死体だけが残され、3人の男の姿はなかった。ターナーは表に走り、公衆電話から自分のコードネーム“コンドル”を名乗り、CIAのパニック・センターを呼んだ。報告を受けたCIAでは、ニューヨーク支部長ヒギンズ(クリフ・ロバートソン)が調査にあたることになり、指定した場所にターナーの友人サムとワシントンの情報部17課ウィクスも同行することになった。やがて指定された劇場裏の路地にやってきたターナーはサムを確認したが、そのときウィクスがターナーめがけて発砲した。ターナーは無我夢中で護身用の45口径の引き金をひいた。弾はウィクスの右脚に命中したが、彼は倒れながらも“目撃者”サムを射殺した。ターナーは何がなんだか分からないまま、逃げた。さらにその日欠勤していたハイデッガーのアパートを訪ねたが、ハイデッガーも殺されていた。ターナーの頭は、ますます混乱するが、とにかくどこか、安全な場所に身を隠さなければならない。仲間だったCIAも既に信じられないとなれば自分の力で自分を守らなければならない。彼は通りすがりのキャシー(フェイ・ダナウェイ)という写真家をピストルでおどすと、とりあえず彼女のアパートに身を隠すことにした。その頃、ワシントンではCIAの幹部会議が招集されていた。作戦部長ワバシュ(ジョン・ハウスマン)、副部長アトウッド(アディソン・パウェル)らがニューヨークから呼びよせたヒギンズから事情聴取していた。“読み屋”と呼ばれる末端の組織にすぎないアメリカ文学史協会がなぜ狙われたのか? 生き残った逃亡中のターナーをいかにして拾うか? その夜、アトウッドは協会襲撃のリーダーだったフリーの殺し屋ジョベア(マックス・フォン・シドー)とひそかに会い、負傷したウィクスとコンドルを消すことを命令した。事件は謎に充ちていた。翌朝、ひとりの郵便配達がキャシーのアパートにやってきて、言葉巧みに部屋に入り、ターナーを襲った。男はジョベアの仲間で、協会を襲った3人のうちの一人だった。一方、CIA本部ではワバシュ部長とヒギンズも事件を洗いなおし、やがて彼らはジョベアとウィクスの関係も発見した。殺し屋がもっていた一枚のメモからようやく事件の糸口をつかみだしていたターナーも単身ワシントン郊外のアトウッドの邸宅にのりこんだ。彼の推察どうり、アトウッドたちは石油原産国での仮想石油戦争を立案し、CIA本部には独断で自分たちの計画を実現しようとひそかにその機会を狙っていたのである。ところが、ターナーがCIA本部に書き送った質問状が、この秘密計画の実現をさまたげる内容だったため、無残にも彼の同僚は皆殺しにあったのである。ターナーがアウトウッドにピストルを向けると、ジョベアが現れた。絶対絶命だった。しかし、何を思ったかジョベアはアウトウッドを射殺した。彼は驚くターナーに、この殺しがヒギンズからの依頼であることを告げる。ニューヨークに戻ったターナーは、ヒギンズを呼び出し、事件の一部始終をニューヨーク・タイムスに知らせたことを告げた。それは、突然、恐ろしい事件の渦中にほうり込まれ、仲間を失い、巨大な見えざる敵との闘いに追い込まれたターナーの、CIAに対するせめてもの抵抗だった。(東宝東和配給*1時間57分)

「コンドル(1975)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「コンドル(1975)」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1975
公開年月日 1975年11月29日
上映時間 112分
製作会社 ディノ・デ・ラウレンティス・プロ
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「コンドル(1975)」のみんなのレビュー

「コンドル(1975)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。