心の痛手

こころのいたで
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「小牧師(1934)」「若草物語(1933)」のキャサリン・ヘップバーンと「キャラバン」のシャルル・ボワイエが主演する映画で、「ナガナ」のレスター・コーエンが書き下ろし、「小牧師(1934)」「若草物語(1933)」のサラ・Y・メイソンとヴィクター・ヒアメンが「銀鼠流線型」のアンソニー・ヴェイラーと協力して脚色し、ニューヨークシアター・ギルドのフィリップ・モイラーが監督に当たり、ロバート・デグラスが撮影した。助演者は「小牧師(1934)」「噫無情」のジョン・ビール、「泉」「猫と提琴」のジーン・ハーショルトを始め、サム・ハーディ、イネズ・コートニー、ヘレン・ミラード及びジーン・ハワード等である。

「心の痛手」のストーリー

ニューヨークのシンフォニー・オーケストラ指揮者で女殺しとして名高いフランツ・ロベルチは、恩師のタルマの女弟子で作曲家志望の貧しい娘コンスタンス・デーンと恋に落ちて結婚し、社交界婦人たちを驚倒させた。2人はヨーロッパへ新婚旅行に赴き、ロンドン、パリ、ニース、ヴェニスと廻って夢のような幸福を味わった。ハネムーンの旅を終えてニューヨークに帰って来ると、ロベルチはオーケストラの練習に忙しかった。そして社交界の友ディディ・レノックス婦人と親交を温めた。コンスタンスを愛する事に変わりはないが社交界婦人たちに取り巻かれて、ちやほやされる事はロベルチの楽しみだった。それも彼は妻には気兼ねして内緒にしていた。それをコンスタンスは密かに彼女に思いを寄せているロベルチの親友ジョニー・ローレンスと連れ立ってリッツへ晩餐に行ったとき、ゆくりなくも知ったのである。そのときロベルチが嘘を吐いて誤魔化そうとしたので、コンスタンスは彼が以前の遊蕩児に戻ったと思い込み、その夜家出してしまった。そして彼女の行方は不明だった。半月程してロベルチは欧州から招待を受けて師のタルマを伴い演奏旅行に赴いた。コンスタンスは彼が出帆した後でそれと知り、深く失望した。彼女は夫は既に自分を忘れたのだと思った。そしてジョニーに誘われて、寂しさをまぎらすべく酒を飲みダンスに狂う、ひとかどの有閑マダムとなったのである。ロベルチは欧州旅行中もコンスタンスの事を思っていた。そして乞われて再びニューヨークへ帰り、新年の夕の慈善音楽会にオーケストラを指揮することとなる。その前夜の大晦日の晩、彼はコンスタンスとリッツの酒場で再会し、彼女が有閑マダムに転向した事を知って落胆した。彼は演奏の当夜は自棄酒に泥酔して指揮台に立ち演奏中に卒倒した。そして介抱しようとするコンスタンスを衆人監視の中で罵った。これが為彼女はついにリノへ赴きロベルチと離婚の手続きを済ました。ジョニーが彼女に結婚を申し込んだ時一応彼女は承知したが、タルマは彼女にロビルチを救ってくれと頼んだ。彼は新年の夜以来、暴飲に心身を衰弱して瀕死の有り様だった。その姿を見たときコンスタンスは自分が愛しているのはロベルチであること、ロベルチも彼女を深く愛していること、を悟った。彼女はジョニーの理解を求めてロベルチと復縁した。健康を取り戻したロベルチが指揮台に絶って再び喝采される身となったことは言うまでもなかろう。

「心の痛手」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「心の痛手」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
製作会社 RKOラジオ映画
レイティング

「心の痛手」のみんなのレビュー

「心の痛手」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。

「心の痛手」を観ているあなたにおすすめの映画