国民の創生

こくみんのそうせい The Birth of a Nation
上映日
1924年4月25日

製作国
アメリカ

上映時間
165分

ジャンル
歴史劇 戦争

ここが見どころ

グリフィスの出世作である。1915年製作の本映画は、当時の映画界において正にエポック・メイキングの作品であった。トーマス・ディクソン原著の『ザ・クランスマン』に基づいたもので、南北戦争時代を背景とし、奴隷解放問題を主題として人道愛を高唱している。主役俳優にはヘンリー・B・ウォルソール、ミリアム・クーパー、メイ・マーシュ、ロバート・ハーロン、ウォーレス・リード、リリアン・ギッシュ等を始め、監督としても知られるジョセフ・ヘナベリー、エルマー・クリフトン、ドナルド・クリスプ等も端役を受け持っている。全長版は4時間を超え、長さの異なる複数のバージョンが公開されている。

「国民の創生」のストーリー

ペンシルヴァニア州のストーンマン家の息子フィルとトッドは、南キャロライナ州のキャメロン家へ学友を訪ねて滞在するうち、フィルはその家の娘マーガレットと恋仲となる。マーガレットの兄ベンはストーンマン家の末娘エルシーとは、まだ見ぬ仲ながらその優しい姿を懐かしんでいた。そこへ南北戦争が始まり、親しかった両家は南北両軍に分かれて戦場に相見ゆる事になった。北軍は優勢で南部連邦は散々敗軍の苦を嘗め、キャメロン家の息子2人は戦死し、ベンは傷ついて捕虜となった。彼を看護したエルシーと、ベンの母とは大統領リンカーンを訪れて、ベンの助命を嘆願した。かくして傷癒えたベンは久しぶりに故郷へ帰った。エルシーの父オースティン・ストーンマンは、主義として奴隷解放を主張しており、大統領の南部諸州に対する態度を生温しとして憤慨していたが、リンカーンが暗殺された後はますます勢力を得て、自ら南部へ出張し、今まで奴隷の境遇にあった黒人を解放し、自らの勢力を扶植し始めた。ところが黒人は今までの厭迫から逃れて白人に対してあらゆる無礼を働き出した。そのため白人は自衛を計る必要を認めた。そうして、クー・クラックス・クラン(KKK)という白衣覆面の騎馬武者が夜暗に乗じて悪事を働いた黒人に制裁を与え始めた。ベン・キャメロンはその首領に挙げられていた。彼の妹フローラは黒人ガスに追われて谷間へ墜ちて死を遂げたが、ガスはKKKによって制裁を与えられた。かくして黒人対KKKの争闘は日を追って激しくなった。さしものストーンマンも自分の娘を黒人との混血児であるリンチに与えるだけの無謀はできなかった。KKKの活躍により激しい争闘の嵐が過ぎて、ベンとエルシー、フィルとマーガレットの2組の結婚が嬉しく華やかに行われた。

「国民の創生」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「国民の創生」のスペック

基本情報
ジャンル 歴史劇 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1915
公開年月日 1924年4月25日
上映時間 165分
製作会社 ユナイテッド・アーチスツ映画
配給 ユナイテッド支社
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「国民の創生」のみんなのレビュー

「国民の創生」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。