国際秘密警察 悪の城塞

こくさいひみつけいさつあくのじょうさい
上映日
1972年12月9日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

フィリピンの首都マニラに近い城塞を本拠とオる国際麻薬王国を粉砕する国際警察の活躍を描く。製作はロルフ・ぺイヤー、監督はランベルト・V・アベラナ、脚本はロルフ・ペイヤー、音楽はペペ・メルトー、撮影はフアリー・ミストリ、編集はジョゼフ・ズッチェロが各各担当。出演はデ・アナンド、キュウ・チン、ジーナット・アマン、ビマール・アフヤ、ロッド・ペリー、ヘンリー・デュバル、ティタ・ムノスなど。

「国際秘密警察 悪の城塞」のストーリー

東南アジア一帯を根城とする国際麻薬組織を滅ぽすという重大使命を帯びているインターポール(国際警察機構部員)のロッド・スチープンス(ロッド・ペリー)とベルマは、デプ(デブ・アナンド)という殺レ屋を捜しだしたことによって、プリンセス・スーリア(キュウ・チン)の組織が主導権争いの最中であることを知った。二人は相談した結果、一味の砦を攻撃することに決め、取りあえずベルマがスーリアに近づくことに決めた。この作戦はまんまと成功し、身分を隠した二人は、プリンセスの最高指令官ヤリッドの案内により砦に向った。その夜、豪華な砦の中でのパーティが開かれた。プリンセスの伯父セイッドやアクバー(ビマール・アフヤ)も列席した。アクバーは、この麻薬王国を乗っ取る計画を立てていた。ある日、プリンセスはベルマに意外なことを告白した。自分は王国を去りたいが、その前に徹底的に王国を破壊したい、そのためにベルマの力をかりたいというのだ。数日後、アヘンを運ぶキャラパンが砦から出発した後、プリンセスは砦の内部をベルマに見せ、麻薬王国を滅亡させる相談をした。その前にアクパーを殺さなけれぱならない。しかし人手がたりない。ロッド・スチーブンスは助力を求めに砂漠に向ったが、隙をついたアクパーが大挙して襲撃してきた。その頃ロッド・スチープンスは途中で捕虜となり、脱出・しようとしたが、アクバー一味の刃に倒れた。ペルマは直ちにアヘン倉庫に火をつけた。アクパーの一味は、倉庫のアヘンを運びだそうとしたが、次々にぺルマの銃弾に倒れた。

「国際秘密警察 悪の城塞」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「国際秘密警察 悪の城塞」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1972年12月9日
製作会社 マーヴィー・プロ作品
配給 フォックス
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「国際秘密警察 悪の城塞」のみんなのレビュー

「国際秘密警察 悪の城塞」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「国際秘密警察 悪の城塞」を観ているあなたにおすすめの映画