修羅がゆく13 完結篇

しゅらがゆくじゅうさんかんけつへん
上映日
2000年12月1日

製作国
日本

上映時間
103分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

組長殺しの汚名を着せられた本郷と、彼を陥れた伊能の対決を描いた極道映画シリーズ第13弾にして完結篇。監督は「修羅がゆく12 北九州死闘篇」の小澤啓一。川辺優と山口正人による人気コミックを下敷きに、「修羅がゆく11 名古屋頂上戦争」の井上鉄勇が脚本を執筆。撮影に「修羅がゆく12~」の鈴木耕一があたってる。主演は「新・仁義なき戦い」の哀川翔。また、ゲストスタアとして「codename:TOMOKO〈TOMOKO もっとも危険な女〉」の渡辺裕之が出演している。スーパー16ミリからのブローアップ。

「修羅がゆく13 完結篇」のストーリー

大磯銀次によって、伊能の岸田組組長殺しの証拠のカセットテープを手中に収めた本郷は、関東木曜会の春田と兄弟の盃を交わした後、光和会の中でも伊能とそりの合わない竜崎と接触し、テープを彼に託す。ところが、それを知った伊能は元竜崎組の武闘派で洋行帰りの黒鉄を使って竜崎を暗殺。更に、春田を狙撃することによって本郷を窮地に追いつめていく。しかし、本郷は伊能の策略に屈することなく、兄弟分の京本や徳丸ら舎弟たちと共に伊能に勝ち込みをかけると、壮絶な闘いの末に遂に伊能を倒し、見事、仁義を貫いてみせるのであった。

「修羅がゆく13 完結篇」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「修羅がゆく13 完結篇」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2000
公開年月日 2000年12月1日
上映時間 103分
製作会社 Knack
配給 東映ビデオ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「修羅がゆく13 完結篇」のみんなのレビュー

「修羅がゆく13 完結篇」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません