荒野のガンマン

こうやのがんまん The Dealy Companions
上映日
1962年5月22日

製作国
アメリカ

上映時間
93分

ジャンル
西部劇
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

アメリカ各地の興行者が集まってプロデュースした西部劇の異色作で、製作はチャールズ・B・フィッツ・シモンズ、脚本はアーロン・シドニー・フライシュマンが自作の小説から脚色したもの。演出は興行会からおされたサム・ペキンパー、撮影は「アラモ」のウィリアム・H・クローシア、音楽はピーター・ツィンナーが担当。出演は「罠にかかったパパとママ」のモーリン・オハラ、ブライアン・キース、スティーヴ・コクラン、チル・ウィルスなど。

みんなのレビュー

「荒野のガンマン」のストーリー

南北戦争も終わった数年後北軍に従軍したイエローレッグ(ブライアン・キース)は1人の南軍兵士を探し歩いていた。戦場で負傷した時、この南軍兵は酔った勢いで彼の頭を剥ごうとしたのだ。彼の頭にはまだ傷が残っているのだ。彼はある酒場で私刑にされようとしている男ターク(チル・ウィルス)を救って愕然とした。タークの手首には彼がつけた歯形がくっきり残っていた。イエローレッグは自分の手でタークを殺そうとして彼を助けた。タークには拳銃気違いの相棒ビリーがついていた。3人は早速、チームを組んだ。そしてヒーラー町のある銀行を襲うことにした。その町に着いた3人は、ダンスホールに働くキット(モーリン・オハラ)と知り合いになった。彼女にはミードという9歳の男の子があった。その晩、3人が襲おうとした銀行を他の無法者たちが襲撃した。怒った3人は保安官側につき激しい撃ち合いが起こった。その時、イエローレッグの弾丸はキットの息子ミードに命中してしまった。全くの不幸な偶然だった。キットは町の人々から売笑婦扱いをされていた。そんな関係から、キットはシリンゴ町にミードを埋めると言い張った。そこには夫の墓があるというのだ。しかしシリンゴ町は、今は廃墟と化し、途中の草原にはアパッチ族が群れをなしていた。イエローレッグはせめてもの償いに護衛を申し出るが彼女はそれを許さず1人で出発していった。イエローレッグはビリーとタークを伴って彼女の馬車を追った。その後、ビリーがキットに襲いかかったのを見たイエローレッグはビリーを一行から追い払った。タークもビリーの後を追って去ってしまった。そんな折、アパッチに馬を持ち去られた2人は、徒歩でようやくシリンゴへたどり着いた。そこへ再びビリーとタークが現れた。彼らはヒーラー町へ引き返し、銀行から金を奪いシリンゴへやって来たのだ。ビリーは、イエローレッグに拳銃を渡し、もはや無用となったタークを殺すよう言いつけた。イエローレッグの殺人を止めるため、キットは愛を打ち明けたが、黙ってタークから受けた頭の傷を見せるだけだった。タークに対する憎悪をこめてイエローレッグの拳銃が火を吹いた。だが弾はそれ、見かねたビリーはタークを撃ち次にイエローレッグを狙った。タークは残る力をふりしぼり拳銃の引き金を引いた。倒れるビリー。必死に逃げようとするタークを追ったイエローレッグは、5年前の事件を話し終えると彼の頭をはごうとした。夢中でとめるキット。やがて2人は美しい日没に向かって馬を走らせた。

「荒野のガンマン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「荒野のガンマン」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1961
公開年月日 1962年5月22日
上映時間 93分
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
カラー/サイズ モノクロ
音量 モノラル

「荒野のガンマン」のみんなのレビュー

「荒野のガンマン」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません


「荒野のガンマン」を観ているあなたにおすすめの映画