恋の花園

こいのはなぞの
製作国
アメリカ

ジャンル
ミュージカル コメディ

ここが見どころ

ブロードウェイのミュージカル・コメディーでの人気スター、マリリン・ミラー嬢の映画入り第1回主演作品で、ジーグフェルドがブロードウェイで大当りをとった同名の狂言、ガイ・ボルトン氏原作ジェローム・カーン氏作曲になるものを「黄金の世界へ」「黒い鳥」のウォルデマー・ヤング氏が脚色し、「愛すればこそ(1929)」「歓楽地帯」のジョン・フランシス・ディロン氏が監督、「浮気天国」「キートンの船長(キートンの蒸気船)」のデヴラクス・ジェニングス氏が撮影した全テクニカラーの特作映画である。ミラー嬢の相手役を勤めるアレクサンダー・グレイ氏もミュージカル・コメディーから映画入りした若手俳優で、パート・ケルトン嬢及びジョー・E・ブラウン氏も喜歌劇俳優として知られている人々である。其他の助演者は「奈翁精神異状なし」「秘密命令」のノラ・レーン嬢、「紳士は金髪がお好き(1928)」のフォード・スターリング氏、「曲線悩まし」のT・ロイ・バーンズ氏及び「ハロルド・ティーン」のジャック・ダフィー氏などの良い顔觸れである。

「恋の花園」のストーリー

孤児院で成長したサリー・グリーンはダンスが大好きでブロードウェイの花形となることを夢みていた。彼女が或るカフェーの給仕をしている時家柄が自慢のファーカー家の息子ブレーアに懸想された。しかしブレーアの父は富豪テン・ブロック家の令嬢マーシアを嫁にする縁談を運んでいた。或時ダンサー周旋業者と称するオティス・フーパーが此のカフェーに来た時サリーは過ってフーパーの着物を汚した為馘になった。彼女は次ぎに或る料理店の皿洗いになった。そこにはコニーと呼ぶ給仕がいたが彼はロシアのダンサーと驅落ちをして落魄した大公爵で、此の料理店の主人ポップスは大公爵の家来だった男である。ブレーアは漸くサリーの勤め先を突止めて来て、ポップスにサリーを店で踊らせるように勧めた。コニーはサリーと仲良しになり彼女を励ました。サリーが始めて踊る晩ブレーアはマーシアと其の母親のお供をして芝居見物に行き、隙を見てサリーの踊りを見に来たが踊りの終らない前に劇場へ戻らなければならなかった。サリーの踊りは大喝采を受けたがブレーアが彼女を見棄てたと思い込んで落胆してしまった。マーシアの母が園遊会を催すことになった時舊知の仲だったコニーの大公は招待された。ロシア・ダンサーを余興に出すと契約していたフーパーは肝腎の踊子が道行をして失踪したので困却した揚句、サリーの踊りを見て彼女をロシア人に仕立てて園遊会で踊らせた。ダンスは成功だった。大公も社交的手腕を発揮して来客中の花形となりサリーに正式に紹介された。ところがサリーの本当の素性が暴露され、彼女は辱かしめられて立去った。ブレーアが引留めようとしたが彼がマーシアと婚約した事を知ったサリーは肯じなかった。数カ月後サリーはフーパーの世話でブロードウェイの舞台に立ち大成功をしたが失恋した彼女の心は悲しかった。しかしサリーの仲良しのコニーがブレーアを連れて彼女の楽屋に訪れ月下氷人の役を勤めた。

「恋の花園」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恋の花園」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 W・B・F・N社輸入
レイティング
カラー/サイズ カラー

「恋の花園」のみんなのレビュー

「恋の花園」のレビューを書く