恋のためらい フランキーとジョニー

こいのためらいふらんきーとじょにー Frankie & Johnny
上映日
1992年1月25日

製作国
アメリカ

上映時間
118分

ジャンル
ラブロマンス
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

87年から各国で上演されている人気戯曲“Frankie and Johnny in the Clair de Luna”を、原作者テレンス・マクナリー自身が映画用に脚色した、大人の恋物語。製作・監督は「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャル、製作総指揮はアレクサンドラ・ローズとチャールズ・B・マルヴェヒル、撮影はダンテ・スピノッティ、音楽は「リトル・ニキータ」のマーヴィン・ハムリッシュが担当。

「恋のためらい フランキーとジョニー」のストーリー

ニューヨークの街角にあるアポロ・カフェ。この店で働き始めたコックのジョニー(アル・パチーノ)は、ウェイトレスのフランキー(ミシェル・ファイファー)に心ひかれる。ジョニーに興味を示す同僚のコーラ(ケイト・ネリガン)を尻目に、ジョニーの熱心な誘いにもいっこうに乗ってこないフランキー。しかし従業員の送別会の夜、フランキーの冷たい態度にもメゲずみんなの中で生き生きと踊るジョニーの陽気さに、フランキーは少しずつ心を動かされ、初めてのキスをかわし、そしてその夜2人は結ばれる。ジョニーは唐突にプロポーズするが、「子どもをつくろう」という言葉になぜかフランキーは逆上し家に閉じこもってしまう。数日後、店に顔を出したフランキーに、ジョニーは、自分が詐欺罪で18カ月刑務所にいたこと、離婚した妻と子がいることを打ち明けた。迫られれば迫られるほど自分の殻に閉じこもっていくフランキーだったが、ジョニーの暖かさにようやく心を開き、過去を語り始める。彼女は3年前、妊娠中に恋人に殴られて流産し、2度と子供の産めない体になってしまったのだ。それ以来、二度と恋などしないと心に決めていたのだった。「大丈夫。これからは僕がそばにいる」とフランキーを抱きしめるジョニー。ラジオからジョニーがリクエストした、ドビュッシーの「月の光」が流れていた。

「恋のためらい フランキーとジョニー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恋のためらい フランキーとジョニー」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1992年1月25日
上映時間 118分
製作会社 パラマウント作品
配給 UIP
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビー

「恋のためらい フランキーとジョニー」のみんなのレビュー



「恋のためらい フランキーとジョニー」を観ているあなたにおすすめの映画