現金に体を張れ

げんなまにからだをはれ The Killing
上映日
1957年12月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

セミ・ドキュメンタリの手法を使った犯罪もので、探偵小説作家ライオネル・ホワイトの「完全なる消散」の映画化。もと「ルック」誌のカメラマンのスタンリー・キューブリックが脚色・監督をつとめた。キューブリックには第1回作「不安と欲望」(我国未公開)があり、これは第2回作品。撮影は「ながれ者」のルシエン・バラード。主演は「虐殺の砂漠」のスターリング・ヘイドン、「赤い河」のコリーン・グレイ、新人ヴィンス・エドワーズ、「怒りの河」のジェイ・C・フリッペン、「シェーン」のエライシャ・クック。

「現金に体を張れ」のストーリー

太く短く人生を送ろうー刑務所を出たジョニー(スターリング・ヘイドン)が目をつけたのは競馬場の売上金だった。彼は仕事の仲間として5人の男を引き入れた。軍資金を出すマーヴィン(ジェイ・C・フリッペン)、競馬場の馬券売場の現金係ジョージ(エライシャ・クック)、彼の妻シェリー(マリー・ウィンザー)は青年ヴァルと不倫の関係を結んでいる不貞の妻。--3人目は競馬場のバーのバーテンダー、マイク、4人目のランディは競馬場の整備を担当している悪徳警官。5人目は元レスラーのコーラ。ジョニーは更に射撃の名手ニッキを雇いこんだ。準備は整った。ジョニーは競馬場近くのモーテルを1室借りて犯行当日の根城とした。決行の前日、一味は最後の打合せをしたが、この話を立ち聞いたジョージの妻シェリーは情夫のヴァルとよからぬ計画を企んだ。仕事の当日がきた。ジョニーが用意した機関銃はマイクの手で競馬場の更衣室の中へ。いよいよ決行である。まずコーラがバーに来て飲物を注文、マイクの出した飲物に因縁をつけ暴れ始めた。彼を押さえようとする警備員は大男のコーラに次々と投げとばされる。騒ぎは拡がり競馬場の金庫室を見張っていた警官まで出てきた。一方、競馬場の外側コースに出たニッキはレース中の馬を1発で倒した。レースは混乱。が、ニッキは来合せた警官の銃弾に倒れた。競馬場の騒ぎの間に変装したジョニーはジョージの合図で金庫室に入り、職員を機関銃で脅し200万ドルにのぼる紙幣を袋に詰込ませた。ジョニーはそれを窓から外に投げ下ろし表へ出た。袋は外で待っていたランディが自分のパトロール・カーに積んでモーテルの一室に放り込んだ。犯行は成功した。先に戻ったジョージ、マイク、マーヴィン、ランディはあるホテルの一室で金を以て現れるジョニーを待った。と、そこへ現れたのはジョニーならぬ仲間1人と機関銃を構えたヴァルである。シェリーとしめし合わせ金を横取り、一緒に高飛びしようとの算段だ。一瞬、みんなの持っていた銃が火を噴き重傷のジョージを残して敵味方とも死んでいった。復讐の鬼と化したジョージは血まみれの体で車に乗り自分のアパートへ戻った。荷造りしているシェリーに彼は拳銃を放った。シェリーは死に、ジョージも力つきて息絶えた。一方、ジョニーは、ジョージが血まみれになって車で行くのを、ホテルへ急ぐ途中見つけ、危険を覚って情婦のフェイ(コリーン・グレイ)の待つ飛行場へ駈けつけ高飛びを図った。が、ぎっしり紙幣を詰込んだトランクは運搬車で飛行機へ運ばれる途中、口が開いて一瞬のうちに空中へ四散した。呆然とするジョニーとフェイの前に張込んでいた刑事が近づいてきた。

「現金に体を張れ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「現金に体を張れ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1956
公開年月日 1957年12月10日
製作会社 ハリス=カブリック・プロ映画
配給 ユニオン=映配
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「現金に体を張れ」のみんなのレビュー

「現金に体を張れ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません