決断

けつだん
上映日
1959年9月9日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

西部小説家として有名なルーク・ショートの原作を、ダドリー・ニコルズが脚色し、「闇に響く声」のマイケル・カーティズが監督した西部劇。撮影は「最後の一人まで(1958)」のロイヤル・グリグス、音楽はハリー・サックマン。出演は「暗黒街の女(1958)」のロバート・テイラー、「ミシシッピ決死隊」のフェス・パーカー、「真昼の欲情」のティナ・ルイス、ジャック・ロード、シャーリー・ハーマー、ジーン・エヴァンス、ミッキー・ショネシーら。製作フランク・フリーマン・ジュニア。
西部小説家として有名なルーク・ショートの原作を、ダドリー・ニコルズが脚色し、「闇に響く声」のマイケル・カーティズが監督した西部劇。撮影は「最後の一人まで(1958)」のロイヤル・グリグス、音楽はハリー・サックマン。出演は「暗黒街の女(1958)」のロバート・テイラー、「ミシシッピ決死隊」のフェス・パーカー、「真昼の欲情」のティナ・ルイス、ジャック・ロード、シャーリー・ハーマー、ジーン・エヴァンス、ミッキー・ショネシーら。製作フランク・フリーマン・ジュニア。

みんなのレビュー

「決断」のレビューを書く

「決断」のストーリー

保安官ボバード(ロバート・テイラー)は法律のためには、情容赦のない男で“ハングマン”(死刑執行人)というアダ名がついていた。ボバードの探している犯人の1人にジョニー・バダーフィールドがいた。彼がノース・クリークに隠れているという情報が入った。彼の仲間はすでに捕り、処刑され1人残った男の処刑も近かった。この男がいないとバターフィールドの有罪を証明する者がいなくなるので、ボバードは懸命だった。彼はノース・クリークに向う途中、ジョニーをよく知っている美しい女シーラ(ティナ・ルイス)のことを耳にした。ボバードは彼女にノース・クリークまで同行してくれと頼んだ。彼女は断った。彼は500ドルお礼にやるといい、駅馬車の切符を残して立去った。ノース・クリークのシェリフは、ウェストン(フェス・パーカー)という若い男で、ボバードに強力を誓った。しかし、彼はこの町にそんな悪人はいないといった。ボバードは町の広場でジョニーの人相書に似た男をみつけた。ウェストンに尋ねると、彼はジョニー・ビショップ(ジャック・ロード)といい、評判がよく、町の人気者だった。町の人々は、町の平和をみだすボバードに反感を持ちはじめた。そんな時に、シーラがやってきた。ボバードはさっそくジョニーの首実検をさせた。が、彼女は彼がバターフィールドと同一人であることを認めたが、ボバードには違うといった。その夜、シーラはビジョップを訪ね、妻キティ(シャーリー・ハーマー)と町から逃げろといった。彼はシーラに強盗殺人犯の一味と間違えられたいきさつを話した。ビショップはある場所に馬を3頭用意しておくように頼まれ、そこで待っていると強盗を働いた3人がきて馬を乗りついだ。そこで自分がはじめて悪事の手伝いをしたことに気づいた。やむをえず名前を変えて、当地に身を隠しているのだと。ビショップの友達がボバードを襲って失敗した。彼はシーラの行動を責め、自分と彼女の腕を手錠でつなぎ夜を明かした。ビショップとキティが逃げた。ボバードは彼女と一緒に馬に乗って追いかけ、2人を捕まえた。留置されたビショップは、自分がバターフィールドだと認めた。町の人々の敵意はつのり、遂にビショップを救い出した。逃げるビショップに照準を合わせたボバードは、彼を逃がしてやった。彼は町の人々の友情と誠意にうたれたのだ。保安官のバッジをはずしたボバードは、カルフォルニアに帰るといった。シーラも一緒に行くといった。去って行く2人をウェストンはいつまでも見送った。

「決断」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「決断」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1958
公開年月日 1959年9月9日
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「決断」のみんなのレビュー

「決断」のレビューを書く