ケープタウン(1975)

けーぷたうん
上映日
1975年9月20日

製作国
イギリス

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

アフリカ最南端ケープタウンから国境ボツワナへ、大陸横断1 500キロの逃避行を描く。製作総指揮はヘルムート・ダンティーン、製作はマーティン・バウム、監督は「サンタマリア特命隊」のラルフ・ネルソン、脚本はロッド・アマトーとハロルド・ネーベンザル、原作はピーター・ドリスコル、撮影はジョン・コキロン、音楽はスタンリー・マイヤーズ、編集はアーネスト・ウォルターが各々担当。出演はシドニー・ポワチエ、マイケル・ケイン、ニコル・ウィリアムソン、プルネラ・ギー、パーシス・カンバータ、サイード・ジャフリー、リク・ド・グーヤーなど。日本語版監修は清水俊二。デラックスカラー、パナビジョン。1975年作品。

「ケープタウン(1975)」のストーリー

南アフリカのケープタウン。ここ連邦法廷では10年の刑を終えた政治犯シャック・トワラ(シドニー・ポワチエ)が無罪を言い渡されていた。喜び合う女性弁護士リナ(プルネラ・ギー)とそのボーイフレンド、キーオ(マイケル・ケイン)。3人は祝杯をあげるために宿舎に向かうが、その途中、官憲の検問にあい理由もなくトワラが手錠をかけられた。喜びもつかの間、トワラは再び終われる身となった。それはキーオ、リナにしても同じだった。3人はヨハネスブルグを経由して国境のボツワナに向かうことにした。そこには革命抵抗運動に挺身する黒人会議の仲間たちが彼を待っている。全行程1 500キロの逃避行が始まった。追跡者は南アフリカ保安警察の人種差別主義者ホーン少佐(ニコル・ウィリアムソン)だった。ヨハネスバーグに到着したトワラは、歯医者ムケルジー(サイード・ジャフリー)と看護婦ペルジス(パーシス・カンバータ)と接触した。ムケルジーは密出国斡旋を裏稼業とするインド人で、トワラとの間にはある秘密があった。10年前トワラが逮捕された際、将来の革命資金にすべく75万ポンドのダイヤを鉱山近くの空井戸に隠したのだ。それを知るムケルジーと共に、ダイヤ発掘が秘密裡に行なわれた。だが欲に眼がくらんだペルジスが裏切り、ムケルジーを撃ち殺した。彼女の意識の底には、南アフリカにおけるインド人という少数民族の負い目があった。しかし、トワラにとってもダイヤは1 800万同胞の運命を左右するものだった。トワラに投げ飛ばされたペルジスは井戸の底に落下していった。国境に辿りついた3人は空のルート起点に向かった。待機していたのはリナの夫ニーカーク。4人を乗せたセスナは一路ボツワナに向かって飛び立った。途中、連邦空軍機のレーダーに発見されたが、地形を利用した低空飛行でこれを切り抜け目的地に到着した。抱き合う黒人会議々長ウィルビーとトワラ。だが、そこに武装したホーン以下の保安警察隊が出現した。すべてはウィルビーを捕らえるための罠だったのだ。ウィルビーを連行して飛び立とうとするヘリにしがみつくトワラとその仲間たち。余りの重みにヘリは大破し、部下を殺されたホーンは万事休す。そのホーンの額に、キーオが撃った銃弾が貫いた。(ユナイト映画配給1時間46分)

「ケープタウン(1975)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ケープタウン(1975)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 1975
公開年月日 1975年9月20日
製作会社 バウム/ダンティーン・プロ
配給 ユナイト映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「ケープタウン(1975)」のみんなのレビュー

「ケープタウン(1975)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。