結婚の贈物

けっこんのおくりもの
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「アメリカの恐怖」と同じくジョーン・ベネットとケーリー・グラントが主演する映画で、ポール・ギャリコの原作を「片道切符」「罪と罰」のジョセフ・アンソニーが脚色し、「小牧師(1934)」「地下の雷鳴」のリチャード・ウォーレスが監督にあたり、「青春の溜息」「浪費者」のレオン・シャムロイが撮影した。助演者は「オペラ・ハット」「地獄船モルガン」のジョージ・パンクロフトを初め「放送ビルディング」のコンラッド・ネイゲル、「深夜の星」のジーン・ロックハート、「放送豪華版」のイエズ・コートニー、「情無用ッ」のエドワード・プロフィー、「愛と光」のパーネル・プラット、「虎鮫島脱獄」のダグラス・ウッド等である。

「結婚の贈物」のストーリー

シカゴの新聞記者チャーリイは同僚モニカ・ラスティと恋仲だったが、2人共妙に意地っ張りなので、いつも今1歩のところで喧嘩して結婚出来なかった。ある日社会部長が辞職したので彼がその後釜におさまったが彼が余りにいばり散らすのでモニカが社員一同と共謀して散々彼に嫌がらせをやったのでチャーリイは憤慨して彼女を追い出した。モニカはニューヨークへ行って作家のドーデッカーと結婚しようとしたのでチャーリイは辞職して後を追った。するといつか彼が危ない命を助けてやったギャングの親分ベンスンが恩返しのために彼とモニカを無理に結婚させ様としたがドーデッカーに邪魔されて失敗した。チャーリイはくさってベンスンと酒を飲んで自らを慰め、刺激の好きなに結婚式の贈り物を考えた。それは消防自動車、警官隊、救急自動車でこれがモニカの気に入り、彼女はチャーリイと救急自動車で式場を逃げ出した。

「結婚の贈物」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「結婚の贈物」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1936
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント
レイティング

「結婚の贈物」のみんなのレビュー

「結婚の贈物」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません