結婚専科

けっこんせんか
上映日
1966年1月29日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

サイ・ハワードの脚本をシナトラとマーティンの多くのテレビ・ショウを演出したジャック・ドノヒューが監督したピンク・コメディ。撮影はウィリアム・ダニエルス(「勇者のみ」の製作者の1人でこの映画でも製作を担当)、音楽はネルソン・リドルが担当した。出演は、「脱走特急」のフランク・シナトラ、「ねえ!キスしてよ」のディーン・マーティン、「王様と私」のデボラ・カー、ほかにシーザー・ロメロ、ミシェル・プチ、ジョイ・ランシング、ジョン・マクギバー、など。

「結婚専科」のストーリー

ダン(フランク・シナトラ)は一流宣伝会社の社長。妻バレリー(デボラ・カー)とは一見睦まじい。副社長のアーニー(ディーン・マーティン)はかつてバレリーに求婚して拒まれたが、ダンとは親友、気ままな独身生活を楽しんでいる。結婚記念日の当日、バレリーはダンとの生活に飽きたから離婚したいと、弁護士に相談していたが、彼は子供たちのことも考えるようにと説得した。ダンはアーニーを招待して晩餐会を開くつもりだが、バレリーはある店で記念日のお祝いをしようと主張する。そこは流行のモンキー・ダンスで店中われるような騒ぎ、ダンは仕事の疲れで先に帰ってしまった。バレリーはその後、アーニーのビーチ・ハウスに行きたいと言いだし、そこで夫との生活に疲れたこと、ダンに思いやりのないこと、などを話すが、アーニーも弁護士と同じように2度目の新婚旅行を勧めた。夫妻は旅行に発った。ところが、旅行先のメキシコで口論、離婚の手続きをとってしまった。が、そこは夫婦、結局はヨリをもどして結婚式をやりなおすことになった。だが急用のできたダンはアーニーをメキシコに送りこんで式の延期を説明させることにした。アーニーは用意の出来た式場に行ったが、世話役の町長に英語が通じない。ために2人は結婚したことになった。バレリーはこれは偶然の結果だが、ダンの気をひく手段だと、彼との生活を始めた。次第にバレリーの状況は不利になってきた。母親はダンの所に越し、ダンはダンサーに想いを寄せられ、そのうえ、先日の旅行で妊娠してしまっていた。感謝祭の夜には子供たちまでダンの所に行きアーニーも去った。バレリーは自分を悔いた。そこへダンが帰って来た。今度こそ教会で素晴しい結婚式を挙げようと誓った。

「結婚専科」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「結婚専科」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1966年1月29日
製作会社 アルタニス・プロ映画
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「結婚専科」のみんなのレビュー

「結婚専科」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/2

ダニエル・クレイグ(1968)

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソンのもと豪華キャストが集結したミステリー。富豪作家のハーランが誕生会の翌日、遺体となって発見された。屋敷にいた全員に容疑がかかる中、匿名の人物から依頼を受けた名探偵ブノワは真相を探る。謎に迫る探偵ブノワ・ブランを「007」シリーズのダニエル・クレイグが、一族の問題児ランサム・ドライズデールを「キャプテン・アメリカ」シリーズのクリス・エヴァンスが演じるなど、オールスターキャストで事件の謎を描いていく。第77回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門作品賞・主演男優賞(ダニエル・クレイグ)・主演女優賞(アナ・デ・アルマス)ノミネート。

マイ・サンシャイン

ロサンゼルス暴動に巻き込まれた家族を描くドラマ。1992年、LAサウスセントラル。家族と暮らせない子どもたちを育てているミリーと、彼女たちを見守る隣人オビー。ある日、黒人が犠牲になった事件に対し不当な判決が出たことから、LAで暴動が始まる。監督は、「裸足の季節」のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。出演は、「チョコレート」のハル・ベリー、「007」シリーズのダニエル・クレイグ。