白鳥麗子でございます!(1995)

しらとりれいこでございます
上映日
1995年8月19日

製作国
日本

上映時間
72分

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

世界一、いや宇宙一タカビーなお嬢様・白鳥麗子と彼女の同棲相手・哲也の結婚式を巡るコメディ。鈴木由美子の同名漫画を原作に、同作のテレビ・シリーズでも演出を手掛けた小椋久雄が監督。脚色をテレビ・ドラマ 『味いちもんめ』の両沢和幸が担当している。主演はテレビでも同じ役を演じた松雪泰子。全編ハイビジョン撮影という映像、1000万円をかけた衣裳も話題になった。ハイビジョンからのキネコ。

「白鳥麗子でございます!(1995)」のストーリー

純白の豪華なウエディングドレスに身を包んだ麗子が、浮かない表情で座っている。今日は、最愛の哲也との結婚式。本当なら、それは待ちに待った日のはずだったが、麗子には哲也に重大な隠し事があったのだ。数カ月前、哲也と同棲中の麗子は、京子と高田が婚約をしたという話を聞いて心中穏やかではなかった。見栄っぱりの麗子は、式場のパンフレットなどをなにげに哲也に見せたりして気持ちを探ってみるが、哲也は自分たちの力で生活出来るようになるまでは結婚しないと純粋に答える。ところがそんな折、麗子のパパ・正太郎が癌だという連絡が入った。「死ぬ前に麗子の花嫁姿が一目見たい」というパパの願いをかなえるために、麗子は哲也に結婚を相談。優しい哲也は、それを快諾してくれた。パパの病気は悲しいけれど、これで望みが叶った麗子にとっては一石二鳥。だが、世界の白鳥家の一人娘との結婚は、哲也にとって並大抵のものではない。結納に、式場探し、その上マスコミに追いかけ回され、プレッシャー続きの哲也は、段々と結婚の意志を崩していってしまう。結婚式の前日、麗子はパパの主治医である滝本先生から、癌は誤診だったことを知らされる。喜ぶ一方、哲也と結婚したい麗子はそのことを誰にも話さず、結婚を強行させようとする。哲也にバレてしまう恐怖に脅えていた麗子は、両親や哲也が事実に気付いた時、哲也に対する熱い思いを両親に告白した。その様子を偶然見た哲也は、麗子の意外な一面を垣間見て、内心悩んでいた結婚を決意する。こうして二人は神父の前で愛を誓うはずだったが、もう少しのところで、「もっと豪華な結婚式だと思った」「結婚したら麗子って、秋本麗子になるのね。ダサい名前」という友人の中傷の言葉が麗子の耳を直撃した。プライドを傷つけられた麗子は結婚の無効を叫び、「ホー、ホッホッホッホッ」という豪快な笑いとともに、チャペルを去って行ってしまうのだった。しかし、それから数日後、哲也のぼろアパートには、哲也の汚いシューズを洗っている麗子の姿があった。

「白鳥麗子でございます!(1995)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「白鳥麗子でございます!(1995)」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 1995
公開年月日 1995年8月19日
上映時間 72分
製作会社 フジテレビジョン作品(製作協力*共同テレビ/企画協力*バーニングプロダクション)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「白鳥麗子でございます!(1995)」のみんなのレビュー

「白鳥麗子でございます!(1995)」のレビューを書く

「白鳥麗子でございます!(1995)」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/21

永田雅一(1906)

地獄門 デジタル復元版

第7回カンヌ国際映画祭グランプリ、第27回アカデミー賞最優秀外国語映画賞、衣装デザイン賞を受賞した大映の第一回天然色映画「地獄門」のデジタル復元版。撮影助手として本作に関わった森田富士郎氏の監修の元、オリジナル・ネガより三色分解したマスター・ポジなどを素材に当時の色彩を復元している。東京国立近代美術館・フィルムセンターと角川映画の共同事業。2011年5月2日NHK・BSプレミアムで放映。2012年4月28日、東京・京橋フィルムセンターにて特別上映。

日蓮

古代王朝から新興武士へと政権が移りつつあった承久四年(一二二二年)に生まれた日蓮の、言語を絶する迫害をはねのけての布教活動の生涯を描く。原作は川口松太郎、脚本監督は、「遺書 白い少女」の中村登、撮影は「俺は田舎のプレスリー」の竹村博がそれぞれ担当している。
神尾楓珠(1999)

親密な他人

彼女が好きなものは

浅原ナオトの小説『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』を映画化。ゲイであることを隠しながら高校生活を送る安藤純と、BL好きを隠しているクラスメイトの三浦紗枝。書店で鉢合わせたことから急接近する2人だったが、ある日、純は紗枝から告白され……。出演は「私がモテてどうすんだ」の神尾楓珠、「ジオラマボーイ・パノラマガール」の山田杏奈。監督は「にがくてあまい」の草野翔吾。

NEW今日命日の映画人 1/21

セシル・B・デミル(1959)

クレオパトラ(1934)

セシル・B・デミルが「新世紀」「恐怖の四人」に次いで監督製作した映画で、「喇叭は響く」「恐怖の四人」の脚色者バートレット・コーマックが史実に取材して組立てた物語で「路傍」「夜毎来る女」のヴィンセント・ローレンスと「坊やはお休み」「暴君ネロ(1932)」のウォルデマー・ヤングが共同脚色したもの。主役は「暴君ネロ(1932)」「或夜の出来事」のクローデット・コルベールが勤め、「一日だけの淑女」のウォーレン・ウィリアム、英国劇壇から招聘されたヘンリー・ウィルコクスンが共演するほか、「絢爛たる殺人」のガートルード・マイケル、「薫る河風」のジョセフ・シルドクラウト「クリスチナ女王」のアイアン・キース及びC・オーブリー・スミス、「妾は天使じゃない」のアーヴィング・ピチェル等が助演している。撮影は「生活の設計」「恋の凱歌」のヴィクター・ミルナーの担当である。

十戒(1957)

1923年、今回と同様セシル・B・デミルが監督した「十誡(1923)」の再映画化で、製作費1350万ドルを費やしたというスペクタクル宗教史劇、イーニアス・マッケンジー、ジェン・L・ラスキー・ジュニア、ジャック・ガリス、フレドリック・M・フランクの4人が脚本を書き、「胸に輝く星」のロイヤル・グリグスが撮影監督をつとめた。特殊撮影を受け持ったジョン・P・フルトンは1957年度アカデミー賞を受賞した。音楽は「最前線」のエルマー・バーンスタイン。主演は「三人のあらくれ者」のチャールトン・ヘストン、アン・バクスター、「追想」のユル・ブリンナー、「地獄の埠頭」のエドワード・G・ロビンソン、「勇者カイヤム」のデブラ・パジェット、そのほか「裸の天使」のジョン・デレク、「重役室」のニナ・フォック、「南部の反逆者」のイヴォンヌ・デ・カーロ、「放浪の王者(1956)」のサー・セドリック・ハードウィック、「サヨナラ」のマーサ・スコット。231分版もあり。