おこげ

おこげ
上映日
1992年10月10日

製作国
日本

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

おこげ=おかまにくっつく女の子を軸に、ホモセクシャルな世界の人間ドラマを描く。監督・製作・原作・脚本は「郷愁」(86)以来監督2作目となる中島丈博。撮影は「塀の中のプレイ・ボール」の羽方義昌が担当。

みんなのレビュー

「おこげ」のレビューを書く

「おこげ」のストーリー

友人達とホモたちのハッテン場である海水浴場へ出かけた小夜子は、岩場の連なりに横一列に並ぶ男たちの中のカップル、剛と寺崎に目を奪われた。夕暮れの海で美しく官能的なキスを交わす彼らに、小夜子はうっとりと見とれてしまう。数日後、ゲイバーで偶然2人に再開した小夜子は彼らと意気投合、ホテルが見つからない2人に自分のアパートの一室を提供さえし、こうして小夜子と剛、寺崎、ホモとおこげの奇妙な関係が始まった。だが寺崎は妻に剛との関係がバレてしまい、小夜子のアパートから離れていく。また見合い話からホモであることを告白された剛の母は、悩み続けて鬱病にかかってしまう。小夜子はその剛の母から剛と結婚してほしいと頼まれ、心揺れる。一方、剛は寺崎と別れてからゲイバーで時折見かける自衛隊あがりの男、栗原に好意を抱くが、実は彼はノンケ(ホモの気がないストレート)で、小夜子の方に興味を持っており、ある日強引に彼女に迫ろうとする。激しく抵抗する小夜子だったが、剛が惚れている男なのだから、自分を剛だと思ってくれれば、と体を許してしまう。数カ月後、剛の母は郊外の病院に入り、剛はその母を小マメに面倒見ていた。一方小夜子は栗原の子供を生むが、栗原の素行の悪さから、家を出、サラ金に追われていた。ヤクザの手から子供を抱えて逃げている小夜子を見つけた剛とオカマたちはヤクザ相手に雨の中の大乱闘となる。無事助け出した小夜子を剛はマンションに連れていき、ここで一緒に暮らそうと提案する。剛と小夜子の間には、肉体を越えた新しい愛と家族の形が生まれつつあるのだった。

「おこげ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「おこげ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1992
公開年月日 1992年10月10日
製作会社 イントグループ映画製作委員会
配給 東京テアトル
レイティング

「おこげ」のみんなのレビュー

「おこげ」のレビューを書く

「おこげ」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/23

ジェイミー・キング(1979)

大脱出3

シルヴェスター・スタローン主演のアクション第3弾。秘密監獄・悪魔砦から、何者かに誘拐された社長令嬢救出の依頼を受けた脱獄のプロ、レイ・ブレスリンは、仲間と共に行動を開始。ところが、レイのパートナー、アビゲイルが悪魔砦に拉致されてしまう。共演は「アベンジャーズ/エンドゲーム」のデイヴ・バウティスタ、「パシフィック・リム:アップライジング」のマックス・チャン。メガホンを取ったのは、「ボビーZ」のジョン・ハーツフェルド。

大脱出2

シルヴェスター・スタローン扮する脱獄のプロが難攻不落の監獄に挑むアクション第2弾。警備会社を設立し後進育成に励むブレスリンだったが、スタッフが行方不明に。コンピューター制御された監獄ハデスに囚われた仲間を救うため、自ら収監され脱獄を試みる。監督は「マローダーズ/襲撃者」のスティーヴン・C・ミラー。元WWEチャンピオンであるデイヴ・バウティスタが新たにスタローンの相棒を務め、前作に続きカーティス・“50セント”・ジャクソンが出演するほか、「イップ・マン 葉問」のホァン・シャオミン、「シン・シティ」シリーズのジェイミー・キングらが新規参戦。
阿部サダヲ(1970)

MOTHER マザー(2020)

大森立嗣が、実在の殺人事件に着想を得て作り上げたドラマ。男たちとゆきずりの関係を持ち、その場しのぎの生活を送るシングルマザーの秋子。そんな母の歪んだ愛に、必死に応えようとする息子・周平。やがて身内からも絶縁された母子は、社会から孤立し……。出演は「コンフィデンスマンJP」の長澤まさみ、「彼女がその名を知らない鳥たち」の阿部サダヲ、オーディションで抜擢され、本作が映画初出演となる奥平大兼。「新聞記者」の河村光庸がプロデューサーを務める。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。

「おこげ」を観ているあなたにおすすめの映画