クラック将軍

くらっくしょうぐん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「山の王者」に次ぐジョン・バリモア氏主演映画で、監督は「ドン・ファン(1926)」「マノン・レスコオ」等のバリモア映画に手腕を見せたアラン・クロスランド氏で、ジョージ・プリーディー氏の原作を最近までユニヴァーサル社の字幕執筆者だったウォルター・アンソニー氏が改作し「笑う男」「ミシガン小僧」のJ・グラブ・アレキサンダー氏が脚色した。助演者は「愛欲の絆」「赤い唇」のマリアン・ニクソン嬢、「楽園に帰る(1928)」「紅草紙」のローウェル・シャーマン氏、「キング・オブ・キングス(1927)」「絶海の暴君」のジャクリーン・ローガン嬢、「海の王者」「デパート娘大学」のホバート・ボスウォース氏、「ラスト・モーメント」のオットー・マテイーソン氏、「サラアと其の子」のフィリップ・デラシー君、新進のアルミーダ嬢、等の堂々たる顔觸れである。キャメラは「彼女は戦に行く」「激流恋をのせて」のトニー・ゴーディオ氏が担当している。

「クラック将軍」のストーリー

西暦1800年代、武士道華やかなりし頃猛将カーランド大公を父とし情熱のジプシーの乙女を母として生れたクリスティアン・ルードルフ・アウグスツス・クリストファー・ケトラーは剛勇無双の名剣客名将軍と謳われ、全欧の人々は彼をクラック将軍と呼んだのである。父祖代々の所領カーランドを露西亜に奪われたクラック将軍は全欧の天地に雄飛する志を抱いて臥龍の夢を結んでいる時、墺太利皇帝レオポルト2世は使を遣して彼に助勢を求めた。クラック将軍は代償として帝室の財賓の半ばと皇妹マリア・ルイザとを要求し、その承諾を得るや直ちにウィーンに向った。途中ジプシーの一集落を過ぎ情熱の踊子フィデリアを見た彼のジプシーの血は躍った。かくてジプシーの儀式に従ってフィデリアと結婚し彼女を伴ってレオポルト2世の宮殿に驅せ向った。だが皇妹マリア・ルイザの美貌は更に強くクラック将軍の心をとらえ、フィデリアとの結婚を悔いたが時すでに遅い。彼は戦いに赴き連戦連勝の武勲を樹てて凱旋した。しかしクラック将軍の妻フィデリアは盲目的な情熱の子であった。クラック将軍は不義のフィデリアを去ってジプシー集落へ追放したのである。恋に敗れた凱旋将軍は故山に余生を寂しく送るべく決心し、腹心の部下を従えてカーランドの地に帰った。ところがカーランドの平和は思いがけない軍勢の襲撃によって忽ち破られた。その軍勢はマリア・ルイザに率いられた墺太利軍であった。マリア・ルイザは雄々しくも陣頭に立ってカーランド城に入り、クラック将軍に降伏を勧めた。微笑を浮べて剣を下したクラック将軍はしづかにマリア・ルイザの手をとってカーランド大公並びに大公妃の御座についたのである。

「クラック将軍」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「クラック将軍」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1930
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 W・B・F・N社輸入
レイティング

「クラック将軍」のみんなのレビュー

「クラック将軍」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません


「クラック将軍」を観ているあなたにおすすめの映画