黒いジャガー

くろいじゃがー Shaft
上映日
1972年4月1日

製作国
アメリカ

上映時間
100分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ニューヨーク警察も一目置く黒人私立探偵の直線的な行動を描くハードボイルド映画。製作はジョエル・フリーマン、監督は「知恵の木」のゴードン・パークス、アーネスト・タイディマンの原作をタイディマン自身とジョン・D・F・ブラックが脚色、撮影はアース・ファーラー、音楽はアイザック・ヘイズ、編集はヒュー・A・ロバートソンが各々担当。出演はリチャード・ラウンドツリー、「ボクサー」のモーゼス・ガン、チャールズ・チオッフィ、クリストファー・セイント・ジョン、グウェン・ミッチェルなど。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年5月21日に投稿
    98
    • かっこいい

    ネタバレ

「黒いジャガー」のストーリー

ニューヨークの黒人私立探偵シャフト(リチャード・ラウンドツリー)は、警察でも一目置くほどの、暗黒街と因縁浅からぬ腕利き私立探偵だった。ある日、彼はハーレムの黒人ボスのバンピー(モーゼス・ガン)の手下の訪問を受け、乱闘の末、1人がビルの窓から落ちて死んでしまった。部下がひどい目に合わされたにもかかわらず、今度はバンピーが直接、シャフトを訪ねてきた。彼の依頼は、愛娘マーシーの救出だった。バンピーは、それをベン(クリストファー・セイント・ジョン)が率いる黒人解放過激グループ“黒軍派”の仕業だと思っていた。シャフトとベンは旧友だったが、最近は会っていなかった。あちこち尋ね回った末、彼らの集会所を捜し当てたが、彼がそこに行った時、突然機関銃の掃射を受け、シャフトとベンの2人だけが、かろうじて逃げ延びることができた。一方、シャフトと顔馴染みの警部補のビク(チャールズ・チオッフィ)は、バンピーとマフィアとの対立に関わる不穏な動きをキャッチしていた。ビクはシャフトに協力を頼んだが、シャフトは何もしゃべらなかった。しかし、警部に呼び出されたおかげで、シャフトには誘拐の犯人の目星がついた。ハーレムの麻薬商売をバンピーに奪われたマフィアが、取り返しにかかったのだ。バンピーの娘を救出するには、ベン一味の協力が必要と考えたシャフトは彼にそれを申し出て、ベンは応じた。やがて、マフィアとコネをつけたシャフトは、マーシーの無事な姿を見ることができたが、奪回を焦った彼は、重傷を負ってしまった。ベンに助けられた彼は愛人エリー(グウェン・ミッチェル)のアパートで手当てを受けていたが、そこへ、ベンからマーシーがホテルに監禁されているという情報を受けた。もう一刻の猶予もなかった。シャフトはベンや彼の同志とともにホテルに乗り込み、奇襲作戦によって、マフィア一味を皆殺しにして、無事マーシー救助に成功した。

「黒いジャガー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「黒いジャガー」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1972年4月1日
上映時間 100分
製作会社 スターリング・シリファント=ロジャー・ルイス・プロ作品
配給 MGM
カラー/サイズ カラー

「黒いジャガー」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年5月21日に投稿
    98
    • かっこいい

    ネタバレ


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。